こんにちはε-(´∀`; )

早いもので『2017年度 春の高校バレー』熊本県予選の要項が決まりました。今年の熊本県の代表校はどのチームになるのでしょうか?

他県代表決定戦の情報は、下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

実施要項

大会名

第70回 全日本バレーボール高等学校選手権大会 熊本県代表決定戦

開催期日

平成29 年10 月21 日(土)〜22 日(日)
平成29 年10 月28 日(土)

会 場

10 月21 日(土)
男子 熊本県立総合体育館(A,B,C),文徳高校(F・G)
女子 熊本県立総合体育館(中)(D・E),熊本商業高校(H・I),慶誠高校(J・K),城北高校(L・M)

10 月22 日(日)
男子 熊本県立総合体育館(大)(A・C)
女子 熊本県立総合体育館(中)(D・E)

10 月28 日(土)
男女 熊本県立総合体育館(大)(特設)

競技日程

第1 日目 10 月21 日(土):1~3 回戦
第2 日目 10 月22 日(日):準々決勝,準決勝
第3 日目 10 月28 日(土):決勝

競技方法

(1) トーナメント方式とし,3 位決定戦は行わない。
(2) 1 回戦から準決勝までは 3 セットマッチ,決勝戦は 5 セットマッチとする。

参加資格

チームは,熊本県バレーボール協会に平成 29 年度に有効に加盟されていること。また,監督・選手は(公財) 日本バレーボール協会個人登録システム(以下、JVA-MRS と略)により有効に登録されていること。さらに,下 記の要件を満たすこと。
(1) 選手は,学校教育法第1条に規定する高等学校に在籍する生徒であること。
(2) 年齢は,平成11 年4 月2 日以降に生まれた者とする。ただし,出場は同一競技3 回までとし,同一学年 での出場は 1 回限りとする。
(3) チーム編成において,全日制課程,定時制課程,通信制課程の生徒の混成を認めない。
(4) 統廃合の対象となる学校については,当該校を含む合同チームによる大会参加を認める。
(5) 転校後6 ヶ月未満の生徒の参加は認めない。(外国人留学生もこれに準ずる。)ただし,一家転住等やむ を得ない場合は,協会長の認可があれば,この限りでない。
(6) 参加選手は,あらかじめ健康診断を受け,在学する学校の校長の承認を必要とする。
(7) 学校教育法第1 条に規定する高等学校以外の参加については,全国高等学校総合体育大会参加基準 に準ずる。
(8) 大会初日の監督会議までに、会場受付へ所定の参加申込書を提出すること。(失念その他で提出がで きないチームの試合は没収試合とする。)

チーム構成

(1) チームは,監督・コーチ・マネージャー各1 名,選手14 名以内とする。(注 参照)但し,選手登録は 18 名 以内とする。
(2) 外国人留学生の参加については 2 名までを(登録)とし,内出場(コート内)は 1 名とする。

組合せ

男子

女子

まとめ

熊本県の今年のこれまでの試合結果から言うと、男子はインターハイで見事に優勝した鎮西高校はまず間違いなく上がってくるでしょう!他のチームには申し訳ないですが、今年はかなり厳しい戦いになります。

一方女子は、今年の県内大会を全て優勝しているのは鎮西高校ですので優勝候補の筆頭は間違いないでしょうが、信愛や必由館、秀岳館などがどこまで力を付けてきているかで混戦になる事も考えられます。毎年ですが、女子の試合は本当に何が起こるかわからないので観戦する価値はあると思います。

私も今年は女子の試合を見ていきたいと思います。

試合結果は、下記記事を参照ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事