2022とちぎ国体|第77回国民体育大会バレーボール 要項・組合せ

こんにちは(*^_^*)

今年の全国国民体育大会は栃木県での開催です。

開催県関係者の皆さんは本当に大変だと思いますが、是非成功に向け頑張っていただきたいと思います。6人制バレーボールは成年・少年と4会場で行われる予定になっています。参加選手の皆さんは精一杯頑張ってもらいたいですね!

第77回国民体育大会
とちぎ国体
夢を感動へ。 感動を未来へ。 2022

本国体開催期間
2022年10月7日(金)〜10月10日(月)4日間

本国体会場(栃木県)
成年男子 佐野市アリーナたぬま
成年女子 TKC いちごアリーナ(鹿沼総合体育館)
少年男子 宇都宮市清原体育館
少年女子 宇都宮市体育館

ブロック大会の試合結果は下記記事を参照下さい。

試合結果は下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

実施要項

大会名

2022 第77回国民体育大会 バレーボール競技

とちぎ国体
夢を感動へ。 感動を未来へ。 2022
公式ホームページはこちら

期 日

2022年10月7日(金)〜10月10日(月)

会 場

(成年男子)
佐野市アリーナたぬま
栃木県佐野市戸奈良町21
■アクセス:みらい平駅よりバス 宮田歯科前下車、徒歩2分

(成年女子)
TKCいちごアリーナ(鹿沼総合体育館)
栃木県鹿沼市下石川694-1
■アクセス:JR鹿沼駅よりバスで約20分

(少年男子)
宇都宮市清原体育館
栃木県宇都宮市清原工業団地14番地
■アクセス: JR宇都宮駅(西口発)3番のりば「芳賀町役場・芳賀BT」行き、清原球場下車

(少年女子)
宇都宮市体育館
栃木県宇都宮市元今泉5-6-18
■アクセス:JR宇都宮駅(西口発)9番のりば「(12)越戸・柳田車庫」行き 白楊高校下車

競技日程

参加資格

(1)公益財団法人日本バレーボール協会登録規定により、登録された者で構成されたチームで予選会に出場し、その結果推薦されたものでなければならない。
(2)監督・選手は6人制種目とビーチバレーボール種目、両方に参加できる。なお、同一種目で異なる種別に参加することはできない。
(3)ブロック大会及び本大会に参加するチームは、都道府県協会が代表として認めた単独チームか選抜チームでなければならない。ただし、チームの構成のいかんにかかわらず、チーム名は都道府県名とする。
(4)予選会(都道府県及びブロック)を通過し、本大会に代表として推薦された監督・選手の追加・変更(競技者番号の変更含む)は認められない。
(5)監督は、公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者制度に基づく、公認バレーボールコーチ1、公認バレーボールコーチ2、公認バレーボールコーチ3、公認バレーボールコーチ4の有資格者とする。
注 参加申込みの際は、資格を証明する登録証の写しを添付すること。

大会使用球

男子:ミカサ(V300W)
女子:モルテン(V5M5000)

競技規則

2022年度公益財団法人日本バレーボール協会6人制競技規則による。

(1)競技は全試合5セットマッチとする。ただし、少年男女については1回戦から準々決勝、5・7位決定戦までを3セットマッチとする。
(2)少年のネットの高さは、成年と同規定とする。
(3)リベロ・プレーヤー・システムについては、競技規則どおりとする。
(4)各種別ともトーナメント方式とし、3・4位と5・7位決定戦を行う。
(5)チーム名は都道府県名とする。ユニフォームのチーム名も都道府県名とし、高等学校名・企業名などのユニフォームの着用は認めない。

出場チーム

県名 男子女子
北海道
成年結果
成年東海大学札幌校舎アルテミス北海道
少年北海道選抜北海道選抜
東北
成年結果
少年結果
成年山形県
秋田県
山形県
宮城県
少年宮城県
山形県
岩手県
宮城県
青森県
福島県
北信越
成年結果
少年結果
成年福井県
石川県
石川県
少年長野県
福井県
長野県
福井県
関東
成年結果
少年結果
成年茨城県
東京都
埼玉県
神奈川県
少年東京都
神奈川県
千葉県
山梨県
東京都
埼玉県
群馬県
千葉県
東海
成年結果
少年結果
成年三重県静岡県
少年愛知県
静岡県
三重県
愛知県
近畿
成年結果
少年結果
成年京都府
大阪府
兵庫県
滋賀県
少年和歌山県
大阪府
京都府
大阪府
兵庫県
京都府
中国
成年結果
少年結果
成年山口県岡山県
広島県
少年広島県
山口県
山口県
岡山県
四国
成年結果
少年結果
成年香川県香川県
少年香川県
愛媛県
香川県
高知県
九州
成年結果
少年結果
成年大分県
鹿児島県
宮崎県
福岡県
佐賀県
熊本県
少年福岡県
長崎県
熊本県
沖縄県
熊本県
宮崎県
長崎県
福岡県

組合せ

成年男子

成年女子

少年男子

少年女子

まとめ

各ブロック大会を勝ち抜いたチームが揃い組合せも決定しました。

成年・少年それぞれ悔いの残らない精一杯のプレーを見せてください。
国体は男子は特に選抜チームでの参加が多いので、いつもは敵同士で戦っているメンバーが味方となりいつも以上の力を出す場合もあれば、逆に実力が発揮できない場合もあり観戦するのも非常に面白い大会です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事