こんにちは(*^_^*)

いよいよ2019年度初めての大会が始まります。

この大会から新1年生も加わり新人戦と違った戦力となったチームで初めての大会となります。この新戦力が加わる事で新人戦と県内順位も大きく変化する事が予想されます。またまた各県の結果が気になってきました。

ちなみに、全九州バレーボール総合選手権大会は5/10~5/12の日程で長崎県で開催されます。

他県の試合情報・結果は下記記事を参照下さい。


男女試合結果は、下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

実施要項

大会名

平成31年度熊本県バレーボール協会長杯
兼第64回全九州バレーボール総合選手権大会県予選

期 日

平成31年4月20日(土)・21日(日)

会 場

男子
4/20(土) 熊本工業、開新高校、文徳高校、菊池高校
4/21(日) 熊本工業

女子
4/20(土) 城北高校、熊本商業高校、八代白百合高校、和水町体育館
4/21(日) 城北高校

競技日程

第1日目  4 月20日(土) 1 回戦~3 回戦 (参加チーム数が 65 チーム以上の場合は 4 回戦まで)
第2日目  4 月21日(日) 準々決勝~決勝

参加資格

(1) チーム
① (公財)日本バレーボール協会にチーム登録し,熊本県バレーボール協会に平成 31年度 に加盟されている(または加盟する予定である)こと。
② 全日制,定時制,通信制課程の生徒による混成チームは認めない。
③ 統廃合の対象となる学校については,当該校を含む合同チームによる大会参加を認め る。
④ 学校教育法第 1 条に規定する高等学校以外の参加については,全国高等学校総合体育 大会参加基準に準ずる。
(2) 選手
① (公財)日本バレーボール協会個人登録制により有効に登録されている(または登録する 予定である)こと。
② 年齢は,平成 12 年 4 月 2 日以降に生まれた者とする。
③ 同一学年での出場は 1 回限りとする。
④ 転校後 6 ヶ月以上経過した者。但し,一家転住などの理由により熊本県高等学校体育連 盟会長の承認を得た者はその限りではない。
⑤ 参加選手は,在学する学校の校長の承認を必要とする。
(3) 監督 (財)日本体育協会公認スポーツ指導者の資格を持つ者が望ましい。

参加制限

(1) チームは,監督・コーチ・マネージャー各1名,選手 14 名以内とする。 但し,選手登録は 18 名 以内とする。
(2) 外国人留学生の参加については 2 名まで(登録)とし,内出場(コート内)は 1 名とする。

競技規則

平成 31年度(公財)日本バレーボール協会 6 人制競技規則による。
ただし,ネットの高さは,男子 2.43m,女子 2.24m とする。

競技方法

(1) トーナメント方式とし,3 位決定戦は行わない。
(2) 全試合 3 セットマッチとする。

その他

(1) 監督・コーチ・マネージャーは,規定のマークを左胸部につけること。
(2) 選手は規定のユニフォームを着用すること。
(3) リベロプレーヤーは色の異なる(他の競技者と対照的な色の)ユニフォームを着用すること。 ※1 登録 12 名以内の場合、リベロプレーヤーの数は,0名・1名・2名のいずれで もよい。 ※2 登録 13 名の場合,リベロプレーヤーの数は,2名でなければならない。 ※3 登録 14 名の場合,リベロプレーヤーの数は,2名でなければならない。
(4) 参加申込後の監督・マネージャー・選手のメンバー変更は,大会第 1 日目の監督会議までに 行うこと。(新 1 年生の出場も可能)
(5) 全試合ワンボールシステムとする。
(6) 使用球は,(公財)日本バレーボール協会検定人工皮革カラーボールとする。 男子:ミカサ(MVA300),女子:モルテン(V5M5000) ※本大会から使用球が入れ替わります。
(7) 大会参加者は事前に健康診断を受けること。選手の健康管理についてはチーム及び個人の 責任としてこれを受け止め十分に留意すること。
(8) 男女の上位各 2 チームは,第 64 回全九州バレーボール総合選手権大会の出場権を得る。
(9) 参加料のほかに傷害保険料が一人 100 円必要となる。大会会場受付で支払うこと。

組合せ

男子

女子

2019新人戦結果

まとめ

2019年度初めての県大会となる選手権予選ですが、先に行われた新人戦と併せて見れば今年の県内勢力図が分かってくると思いますのでこの大会はバレー観戦好きの私にとってはとても注目すべき大会になります。

しかもこの大会からわずか2ヶ月後にはインターハイ予選がありますのでどのチームも必死だと思います。皆さん頑張ってください。

新人戦に続いて今年も鎮西男女のアベック優勝が叶うのでしょうか??

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事