こんにちは(*^^*)

いよいよ1年生の新戦力をチームに迎え新たなチームとしての最初の大きな大会となる関東大会が始まります。各県の予選を勝ち上がったチームで関東No1を決定します。昨年は男子で埼玉栄が当初の予想を覆し初優勝を果たしました。今年も面白い事が起きるのでしょうか?

ちなみに、関東大会は6/1~6/3の日程で男子東京都、女子群馬県で開催されます。

各県予選結果は下記記事を参照ください。

スポンサーリンク

実施要項

大会名

2018 第72回関東高等学校男女バレーボール大会

期 日

平成30年6月1日(金)〜6月3日(日)

会 場

男子 武蔵野の森総合スポーツプラザ
女子 ALSOCぐんまアリーナ、ALSOCぐんま武道館

参加資格

(1)県高等学校体育連盟加盟校の生徒であること。
(2)平成30年度(公財)日本バレーボール協会登録規定により、高等学校として登録されているチーム及び選手であること。
(3)平成11年4月2日以降に生まれた者とする。ただし、出場は同一競技3回までとし、同一学年での出場は1回限りとする。(県高校総体と県定通総体は、同一の大会とする)
(4)統廃合の対象となる学校については、当該校を含む合同チ-ムによる大会参加を認める。
(5)チ-ム編成においては、全日制課程・定時制課程・通信制課程の生徒による混成は認めない。
(6)転校後6ケ月未満の者は、参加を認めない。(外国人留学生もこれに準ずる)ただし、一家転住等やむを得ない場合は、県高等学校体育連盟会長の認可があればこの限りでない。
(7)出場する選手は、在学する学校の校長の承認を必要とする。
(8)学校教育法第1条に定める高等学校以外の学校については、県高体連で参加が認められた者で、3学年までの年齢19歳未満の者に限る。
(9)その他の資格は、全国高等学校総合体育大会開催基準要項に準ずる。

参加制限

(1)チ-ムは、監督・コーチ・マネージャー各1名と選手14名の合計17名以内とする。
(2)監督・コーチは、校長が認める指導者とし、それが外部指導者の場合は傷害・賠償責任保険(スポーツ安全保険等)に必ず加入することを条件とする。
(3)引率責任者は、校長の認める当該校の職員とする。
(4)マネージャーは、当該校の教職員または生徒であること。
(5)コーチは指導者であり、生徒は認めない。
(6)外国人留学生は、14名の選手の内、2名までエントリーできるが、コートへはその内の1名に限る。

競技規則

平成30年度(公財)日本バレーボール協会6人制競技規則による。
ただし、ネットの高さは、男子2m40㎝、女子2m20㎝とする。
また、試合球は男子:ミカサ、女子:モルテンとする。

競技方法

全てトーナメントにて決定する。

組合せ

男子

女子

スポンサーリンク

まとめ

今年の関東大会も組合せが決まりました。

男子注目は、やはり東京代表の駿台学園、東亜学園。昨年のチャンピオン埼玉栄、神奈川代表荏田高校が個人的には注目しています。

一方女子は、八王子実践・下北沢成徳、埼玉代表細田学園、神奈川代表三浦学苑を注目しています。

上記はあくまで個人的な意見ですが、これらのチーム以外が勝ち上がってくると更に面白い大会になってくると思います。

参加する全てのチームの皆さん頑張って下さい。

男女試合結果

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事