こんにちは(*^^*)

九州各県も天皇杯県ラウンドが終わったばかりですが、国体ブロック大会が始まります。

今年の九州ブロック大会はどの県が勝ち上がっていくのでしょうか?天皇杯も楽しみですが国体も目が話せません。今年の熊本は成年男子、少年男子は非常に可能性が高いと思っています。

熊本女子は、鎮西高校が先日の天皇杯県ラウンドの敗戦からどうなっているか楽しみです。年初の勢いであれば少年女子も間違いないと思っていましたが。。。。。とにかく頑張ってもらいたいですね!

スポンサーリンク

実施要項

大会名

平成30年度 国民体育大会 第38回九州ブロック大会

期 日

平成30年8月24日(金)〜8月26日(日)

会 場

試合日程

8月24日(金)
15:00 代表者会議

8月25日(土) グループ戦
10:00 第1試合
11:30 第2試合
12:40 第3試合
13:50 第4試合

8月26日(日) グループ戦・代表決定戦
10:00 第5試合
11:30 第6試合
12:40 代表決定戦

参加資格

⑴ 公益財団法人日本バレーボール協会規程により、登録された者で構成されたチームで予選会に出場 し、その結果推薦されたものでなければならない。 なお、当該都道府県協会主催の予選会への参加料は別途納入すること。
⑵ 監督・選手は6人制種目とビーチバレーボール種目、両方に参加できる。なお、同一種目で異なる 種別に参加することはできない。
⑶ ブロック大会及び本大会に参加するチームは、都道府県協会が代表として認めた単独チームか選抜 チームでなければならない。ただし、チームの構成のいかんにかかわらず、チーム名は都道府県名と する。
⑷ 予選会を通過し本大会に代表として推薦された場合は、選手の追加・変更は認められない。
⑸ 監督は、公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者制度に基づく、公認バレーボールコー チ、公認バレーボール上級コーチ、公認バレーボール指導員、公認バレーボール上級指導員のいずれ かの有資格者とする。 (注) 参加申込みの際は、資格を証明する登録証の写しを添付すること。
⑹ ビーチバレーボール種目の年齢基準は平成15年4月1日以前に生まれた者が参加できる。 (高校1年生以上、成年を含む)

競技規則

2018年度公益財団法人日本バレーボール協会6人制競技規則による。
注1 全種別とも全試合3セット・マッチとする。
注2 少年のネットの高さは、成年と同規定とする。

競技方法

各種別ともグループ戦の後、代表決定戦を行う。

チーム名

チーム名は県名とする。したがって、ユニフォームのチーム名も県名とし、学校名・企業名など のユニフォームの着用を認めない。

その他

⑴ 競技者番号は1~12が望ましい。やむをえない場合は1~99とする。(0番、00番は国体では 認められない)番号の大きさは、規定のものであること。
⑵ 監督章、キャプテンマークは、規定のものを用いること。

組合せ

成年男子

成年女子

少年男子

少年女子

まとめ

本日組合せも決まりました。国体は選抜チームを作る県も多いのでどこが強いかやってみないと分かりません。そういったところも面白さの一つでしょうね!少年女子は毎年単独チームが多いです。今年の熊本女子はインターハイ出場を決めている鎮西高校が出場いたします。今年の鎮西女子は近年では最強だと思っていましたが、現段階ではその勢いが少し薄れている様に思いますので、この大会での活躍を期待しています。

一方高校男子は先の九州大会等を見ても鎮西高校のメンバーが主力となることは間違いなく恐らくブロック大会は突破してくるのでは無いでしょうか!また、今年は成年男子は歴代の鎮西メンバーを揃えてくると聞いていますのでこれまた期待大です。

その他のチームも強力メンバーを揃えてくるでしょうからやってみなくては分からないのが正直なところでしょうね(笑)

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事