こんにちは( ^^) _U~~

第71回中国高等学校バレーボール選手権大会 岡山県予選が始まります。

今年も早いもので4月に入り1年生の新戦力をチームに迎え新たなチームとして各チームが始動していくと思います。新人戦の頃とはメンバーも変わるので当たり前ですがチーム力も上がってまた県内の勢力図を塗り替える戦いが始まります。

他県の試合情報は、下記記事を参照下さい。

男女試合結果は、下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

実施要項

大会名

2019年度中国高等学校バレーボール選手権大会 岡山県予選会

期 日

平成31年4月20日(土)~21日(日)

会 場

男子 津山工業、津山総合体育館
女子 津山東、津山総合体育館

参加資格

(1)選手は、学校教育法第1条に規定する高等学校(中等教育学校後期課程を含む)に在籍する生徒とする。また、第72条、115条、124条及び134条の学校に在籍し、都道府県高等学校体育連盟の大会に参加を認められた生徒とする。
(2)選手は、岡山県高等学校体育連盟に加盟している高等学校生徒で当該競技要項により、標記大会の参加資格を有する者に限る。
(3)平成31年度(公財)日本バレ-ボ-ル協会登録規定により、高等学校男子・女子として登録されているチ-ムとする。
(4)転校後6カ月未満の者は参加を認めない。(外国人留学生もこれに準ずる)ただし、一家転住等の理由によりやむをえない場合は、岡山県高等学校体育連盟会長の許可があれば、この限りでない。
(5)平成12年4月2日以降に生まれた者。(4月2日を起算として19歳未満の者)ただし、出場は、同一競技3回までとし、同一学年での出場は、1回限りとする。
(6)部員不足による合同チームを編成する場合は次のとおりとする。
・参加可能な大会は春季大会・支部総体・県総体・選手権大会・新人大会とする。
ただし、いずれの大会においても県代表にはなれない。(ただし、統廃合の場合
はこの限りではない)
・同支部内のチームによる合同に限る。
・各学校とも岡山県高体連バレーボール部へチーム登録する。またJVAMRS登録部員数が6名未満とする。
(ケガ・病気等により、6名未満になった場合は認めない。)
・ユニフォームはいずれかのチームに統一されているものとする。ただし、試合毎に替えてもよい。
・参加申し込みは各校から行い、支部責任者に合同チームであることを届ける。
・当該校長の承認が必要である。また、当該校の職員が監督・コーチ・マネージャー
を務める。
※合同チームの問い合わせは、織本昌朗委員長にする。

参加制限

(1)新人大会上位8チ-ムと3支部代表チ-ム(男-前6 中8 美2 女-前7 中6 美3)
(2)チ-ム編成は、監督1名、コ-チ1名、マネ-ジャ-1名、選手14名内とする。(最大14名の競技者で構成してよいがリベロを除く正規競技者は最大12名。競技者が13名の場合は正規競技者は11名。)マネ-ジャ-は当該校の教職員または生徒でなければならない。コ-チは、当該校長の認めた者とする。ただし、生徒は認めない。
(3)外国人留学生の参加制限については、14名の選手の内、外国人留学生は2名までエントリ-できるが、コ-トへはその内1名に限る。

競技規則

平成31年度(公財)日本バレ-ボ-ル協会6人制競技規則による。

競技方法

ト-ナメント戦方式とする。全試合3セットマッチとする。(3位決定戦を行う。)

その他

(1)監督、コ-チ、マネ-ジャ-、選手の変更は開会式直後までとし、それ以後の変更は認めない。
(2)参加申込書に記載された監督、コ-チ、マネ-ジャ-、キャプテンは規定の記章を各チ-ムで用意し、所定の場所に着用しなければならない。
(3)監督・役員ミーティングを第1日は9時20分、第2日は8時30分より行う。監督は必ず参加する。
(4)チーム受付は開会式までに行う。時間は厳守する。なお、第2日は受付を行わない。
(5)リベロ・プレ-ヤ-について
・リベロは、チームの他の競技者と対照的な色のユニフォームを着用する。
・ベンチ入り可能なリベロの人数
①12名以内-0.1.2名②13名-2名(1名は不可) ③14名-2名
(6)本大会のベスト4のチームは、5/10(金)~12(日)[場所:島根県松江市]で開催される中国高等学校バレーボール選手権大会に出場する。
(7)今大会使用球は、検定球5号、人工皮革のカラ-ボ-ルとし、男子-モルテン(V5M5000) 女子-ミカサ(MVA300)とする。

組合せ

男子

女子

2019新人戦結果

まとめ

今年の選手権予選はどのチームが勝ち上がってくるのか楽しみですね!

新人戦は、男子は金光学園高校、玉野光南高校が勝ち上がりました。女子は就実高校、岡山理大附属高校でした。この構図が崩れる事があるのでしょうか?

特に男子の金光学園は新人戦を12年ぶりに制して今年は勢いに乗ってますので楽しみです!
本当の意味で今年の現時点でのテッペンが分かってくる大会が始まります。

皆さんお楽しみに!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事