こんにちは( ^)o(^ )

全九州新人戦が先週終了したばかりですが、2018年度初めての大会が始まります。この大会から新1年生も加わり新人戦と違った戦力となったチームで初めての大会となります。この新戦力が加わる事で新人戦と県内順位も大きく変化する事が予想されます。またまた各県の結果が気になってきました。

ちなみに、全九州バレーボール総合選手権大会は5/11~5/13の日程で沖縄県で開催されます。

他県の試合情報・結果は下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

実施要項

大会名

平成30年度
  全九州バレーボール総合選手権大会
宮崎県大会

期 日

平成30年4月14日(土) / 15日(日) 2日間

会 場

4/14(土)
男子
日南総合運動公園多目的体育館
日南高等学校体育館
日南振徳高等学校体育館
女子
日南市立北郷体育館(さくらアリーナ)
日南学園高等学校体育館
日南市生涯学習センターまなびピア

4/15(日)
男女 日南総合運動公園多目的体育館

参加資格

(1)平成30年度(公財)日本バレーボール協会にチーム登録及び個人登録した選手で構成され、宮崎県バレーボール協会に登録されたチームとその選手であること。原則としてチーム加入選手一覧に記載されていない選手は参加を認めない。
(2)宮崎県高等学校体育連盟加盟校の生徒であること。
(3)大会開催年度の4月2日で18歳未満の者
(4)転校後6ヶ月未満の者の出場は認めない。但し、一家転住などの理由によりやむを得ない場合は、所属高等学校長の申請により高体連会長の承認を得た者についてはこの限りではない。
(5)全日制・定時制・通信制課程の生徒による混合チームは認めない。
(6)学校教育法第1 条に規定する高等学校以外の参加については、宮崎県高等学校総合体育大会参加基準要項に準ずる。
(7)外国人留学生の参加については、試合出場選手14名以内のうち2名までエントリーできるが、コート内には1名に限る。

参加制限

(1) チームは,監督・コーチ・マネージャー各1名,選手 14 名以内とする。 但し,選手登録は 18 名 以内とする。
(2) 外国人留学生の参加については 2 名まで(登録)とし,内出場(コート内)は 1 名とする。

競技規則

(1)平成30年度(公財)日本バレーボール協会6人制競技規則による。
但し、全試合3セットマッチのラリーポイント25点制とする。
(2)リベロ制を採用する。ユニフォームについては、明らかに違う色で濃淡のはっきりしたユニフォームを着用すること。

競技方法

(1)トーナメント戦とする。また、3位決定戦も行う。
(2)競技日程 ※参加チーム数や諸事情により変更になる場合があります
第1日目(4月14日)
8:30 開館
9:00 代表者会議(各会場)
9:20 開始式(各会場)
10:00 トーナメント1・2・3回戦・準々決勝

第2日目(4月15日)
9:00 開館
10:00 準決勝、3位決定戦、決勝

チーム構成

(1)1チームは監督1名、コーチ1名、マネージャー1名、公式記録員1名、選手18名以内、計22名以内とする。試合出場選手(14名以内)は、各試合前に選手登録18名以内より選び出場することができる。また、試合出場選手を13名以上選出する場合は、リベロを必ず2名選出しなければならない。
(2)ベンチスタッフについては監督・コーチは校長の認める当該校の職員又は外部指導者とし、マネージャーと公式記録員は当該校の生徒でなければならない。ただし監督・コーチ共に外部指導者となることは認めない。どちらか一方は当該校の職員とする。また外部指導者は損害・賠償責任保険(スポーツ安全保険等)に必ず加入することを条件とする。
(3)今大会の限定特別ルール
本来18名選手の登録制(協会主催のみ実施)は、試合当日になって申込時における18名以内の選手名および背番号を変更することはできない。しかしながら、以下の観点から当日の代表者会議における監督、コーチ、マネージャー、記録員、選手のエントリー変更を認める。
[1]新1年生の出場を可能にするため。
[2]新年度4月から監督等の変更がある可能性があるため。

組合せ(3/18抽選会)

男子

女子

新人戦結果

まとめ

2018年度初めての県大会となる選手権予選ですが、先に行われた新人戦と併せて見れば今年の県内勢力図が分かってくると思いますのでこの大会はバレー観戦好きの私にとってはとても注目すべき大会になります。

しかもこの大会からわずか2ヶ月後にはインターハイ予選がありますのでどのチームも必死だと思います。皆さん頑張ってください。

宮崎県は、新人戦で男子は都城工業、女子は宮崎日大が優勝していますが今回はどうなるでしょうか?非常に楽しみです。

男女試合結果は、下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事