こんにちは(*´ω`*)

九州ブロックで『2018 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会』が始まります。

今年のファイナル進出するチームが決まります。高校・大学はそのチームが勝ちあがるのか非常に楽しみです。是非近くの方は足を運んで観戦してみては如何でしょうか?

他ブロックの試合情報は下記を参照下さい。

大会要項は下記記事を参照下さい。

女子試合結果は下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

試合結果

Aグループ

準々決勝

Dコート 1試合目
福岡大学
(福岡)
2 23-25
25-11
25-20
0 樟南高等学校
(鹿児島)
Dコート 2試合目
別府鶴見丘高等学校
(大分)
0 14-25
15-25
2 鎮西高等学校
(熊本)
Dコート 3試合目
ファーストライジング
(沖縄)
0 15-25
14-25
2 鎮西学院高等学校
(長崎)
Dコート 4試合目
東福岡高等学校
(福岡)
2 25-22
25-13
0 向日葵クラブ
(宮崎)

準決勝

Aコート 1試合目
福岡大学
(福岡)
0 22-25
19-25
2 鎮西高等学校
(熊本)
Aコート 2試合目
鎮西学院高等学校
(長崎)
1 23-25
25-23
22-25
2 東福岡高等学校
(福岡)

Aグループ代表決定戦

Aコート 3試合目
鎮西高等学校
(熊本)
0 26-28
24-26
2 東福岡高等学校
(福岡)

Bグループ

準々決勝

Eコート 1試合目
大分三好ヴァイセアドラー
(大分)
2 25-23
25-20
0 佐賀商業高等学校
(佐賀)
Eコート 2試合目
鹿児島城西高等学校
(鹿児島)
2 25-23
25-15
0 西原高等学校
(沖縄)
Eコート 3試合目
いわさきBlue Wave
(鹿児島)
0 22-25
18-25
2 大村工業高等学校
(長崎)
Eコート 4試合目
筑紫台高等学校
(福岡)
1 16-25
25-19
13-25
2 熊本学園大学
(熊本)

準決勝

Aコート 1試合目
大分三好ヴァイセアドラー
(大分)
2 25-20
25-19
0 鹿児島城西高等学校
(鹿児島)
Aコート 2試合目
大村工業高等学校
(長崎)
2 25-17
25-23
0 熊本学園大学
(熊本)

Bグループ代表決定戦

Aコート 3試合目
大分三好ヴァイセアドラー
(大分)
2 25-16
25-16
0 大村工業高等学校
(長崎)

九州ブロック代表

■東福岡高等学校(福岡)
■大分三好ヴァイセアドラー(大分)

まとめ

2018天皇・皇后杯九州ブロックラウンド男子の試合が終了しました。

優勝し見事に代表権を獲得したのは、

福岡県代表の東福岡高校
大分県代表の大分三好ヴァイセアドラー

でした。おめでとうございます。

Aグループの代表決定戦は激闘でした。鎮西高校が有利かと思いきや東福岡高校がしっかりと攻略しストレートで勝利し代表権を獲得しました。ファイナルでの活躍をきたいしています。

Bグループは大分三好ヴァイセアドラーが貫禄の勝利で連続出場を決めています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事