2019 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 都道府県ラウンド

こんにちは(*´ω`*)

高校ではインターハイ各県予選が始まろうとしていますが、併せて『2019天皇・皇后杯 都道府県ラウンド』も開始されます。

都道府県ラウンドは4月〜7月にかけ各県で開催されその後ブロックラウンドへ進みます。この大会も高校・大学・プレミアが戦う年間で数少ない大会で毎年大いに盛り上がります。バレーボールファンであれば待ち遠しい大会ですので都道府県ラウンドから注目していきたいと思います。

都道府県ラウンド 平成31年4月〜7月
ブロックラウンド 平成31年9月〜10月
ファイナルラウンド 平成31年12月

ブロックラウンドの試合結果は、下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

各県代表決定戦 概要

北海道ブロック

北海道

東北ブロック

青森県

秋田県

岩手県

山形県

宮城県

福島県

北信越ブロック

新潟県

石川県

富山県

福井県

長野県

関東ブロック

栃木県

群馬県

茨城県

千葉県

埼玉県

東京都

神奈川県

山梨県

東海ブロック

静岡県

愛知県

岐阜県

三重県

近畿ブロック

滋賀県

京都府

和歌山県

奈良県

大阪府

兵庫県

中国ブロック

岡山県

広島県

島根県

鳥取県

山口県

四国ブロック

香川県

徳島県

高知県

愛媛県

九州ブロック

福岡県

長崎県

佐賀県

大分県

熊本県

宮崎県

鹿児島県

沖縄県

各県順位

県名組合抽選男子女子
北海道1位 北翔大学
2位 北海道クラブ
1位 旭川大学
2位 札幌大谷大学
青森1位 VC青森
2位 青森大学
1位 青森西高校
2位 三沢商業高校
秋田1位 城南連合會
2位 横手高校
1位 聖霊女子短大付属高校
2位 由利高校
岩手1位 岡崎建設Owls
2位 盛岡南高
1位 盛岡誠桜高校
2位 ZERO
山形1位 山形大学
2位 山形選抜
1位 上山明新館高校
2位 鶴岡北高校
宮城1位 仙台大クラブ
2位 仙台商業高校
1位 リガーレ仙台
2位 仙台学院大学
福島1位 福 島
2位 福島大学
1位 福島大学
2位 郡山女子大付属高校
新潟1位 学館OB
2位 MINAMI
1位 新潟医療福祉大学
2位 中越高校 
石川1位 金城大学(初優勝)
2位 金沢星稜大学
1位 金沢星稜大学(4年ぶり3回目)
2位 金沢学院高校
富山1位 富山第一高校(6年ぶり3回目)
2位 北陸電力
1位 富山大学(3年ぶり3回目)
2位 高岡商業高校
福井1位 福井工大福井(4年ぶり6回目)
2位 福井工業大学
1位 北陸高校(3年ぶり2回目)
2位 炎龍
長野1位 笑 話
2位 松本大学
1位 セイコーエプソン
2位 松商学園高校
栃木1位 栃木クラブ(12年ぶり2回目)
2位 足利大学附属高校
1位 宇都宮大学(5年連続10回目)
2位 SPARK’s
群馬1位 群馬バレーボールクラブ
2位 明和県央高校
1位 高崎女子高校
2位 西邑楽高校
茨城1位 JUWA(初優勝)
2位 BVK
1位 大成女子高校(初優勝)
2位 松見クラブ
埼玉1位 大東文化大学
2位 埼玉栄高校
1位 大東文化大学
2位 VIDA
千葉1位 順天堂大学A
2位 順天堂大学B
1位 江戸川大学
2位 国際武道大学
東京1位 専修大学
2位 日本体育大学
1位 青山学院大学
2位 日本体育大学
神奈川1位 市立橘高校
2位 東京ガスエコモ
1位 松蔭大学
2位 東海大学
山梨1位 山梨大学
2位 山梨学院大学
1位 都留文科大学
2位 山梨学院大学
静岡1位 清水桜が丘高校
2位 日大国際関係学部
1位 島田商業高校
2位 浜松市立高校
愛知1位 中京大学
2位 愛工大名電高等学校
1位 至学館大学
2位 愛知学院大学
岐阜1位 岐阜協立大学
2位 朝日大学
1位 岐阜協立大学
2位 東海学院大学
三重1位 三重IGO
2位 VC-Mie
1位 皇學館大学
2位 鈴鹿大学
滋賀1位 びわこ成蹊スポーツ大学
2位 近江高校
1位 KOOL
2位 びわこ成蹊スポーツ大学
京都1位 同志社大学
2位 洛南高等学校
1位 龍谷大学
2位 北嵯峨高等学校
大阪1位 清風高校
2位 大阪商業大学
1位 大阪国際大学
2位 金蘭会高校
兵庫1位 甲南大学
2位 
1位 芦屋大学
2位 
奈良1位 天理大学
2位 乱侍気
1位 天理大学
2位 帝塚山大学
和歌山1位 開智高校
2位 Caprice
1位 開智高校
2位 Glanz
岡山1位 岡山東商業高校
2位 玉野光南高校
1位 中国学園大学
2位 岡山理科大附属高校
広島1位 福山平成大学A
2位 広島大学
1位 進徳女子高校A
2位 進徳女子高校B
島根1位 安来高等学校A
2位 
1位 安来高等学校A
2位 
鳥取1位 XXX(ターキー)
2位 鰯。
1位 米子北斗高校
2位 LIPELALA
山口1位 高川学園高校
2位 龍球会
1位 至誠館大学
2位 徳山商工高校
高知1位 高知工科大学(3年連続6回目)
2位 高知教員クラブ
1位 高知中央高校(2年ぶり10回目)
2位 高知工科大学
愛媛1位 愛媛クラブ
2位 新田高校
1位 聖カタリナ学園
2位 愛媛大学
香川1位 Team foot(初優勝)
2位 多度津高校
1位 高松南高校(2年連続2回目)
2位 志度高校
徳島1位 清(2年ぶり9回目)
2位 正球会
1位 四国大学(2年連続3回目)
2位 徳島商業高校
福岡1位 福大大濠
2位 直 方
1位 福工大城東
2位 西短大附
長崎1位 ながさき
2位 CLUB SASEBO
1位 長崎純心大学
2位 純心女子高校
佐賀1位 佐賀学園高校
2位 西有田クラブ
1位 鳥栖商業高校
2位 佐賀清和高校A
大分1位 三好循環器科EKG
2位 大豊クラブ
1位 国東高校
2位 臼杵高校
熊本1位 熊本学園大学
2位 ルーテル学院高校
1位 信愛女学院高校
2位 熊本学園大学
宮崎1位 都城東高校
2位 一ヶ岡クラブ
1位 都城商業高校
2位 宮崎成年女子
鹿児島1位 鹿児島大学(初優勝)
2位 鹿児島城西高校B
1位 鹿児島女子高校A(2年ぶり11回目)
2位 鹿児島南高校A
沖縄1位 名桜大学(初出場)
2位 ファーストライジング
1位 名桜大学(4年連続5回目)
2位 OKIU

2018年 各県試合結果

まとめ

今年の『天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 都道府県ラウンド』はどの様な展開になるのでしょうか?個人的には高校生のチームが頑張ってブロックラウンドへ進んでほしい気もありますし、逆に社会人が威厳を守ってほしい気持ちもあります。う〜〜ん複雑です。

とにかく各県の皆さん、観客が感動するようなプレーをお願いします。

記事更新通知を受け取る!

登録はもちろん無料です。また、どなたが登録しているかも記録されませんのでご安心してご登録下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事