2019 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ファイナルラウンド要項・組合せ

こんにちは(^o^)

いよいよ2019年度の天皇・皇后杯ファイナルラウンドが開催されます。

各ブロックラウンドを通過した強豪チームとVプレミアのチームが入り混じってのガチンコ対決です。毎年この大会を楽しみにしているバレーファンも多いのではないでしょうか?例年は12月に開催されますが今年は3月という事で待ち遠しいですね!

高校のチームも出場しますし、西日本インカレで上位に入ったチームも多数出場しますので個人的に注目しています。

各ブロックラウンドの試合情報は下記を参照下さい。


各都道府県ラウンドの試合情報は下記を参照下さい。


スポンサーリンク

開催情報

大会名

2019年度天皇杯・皇后杯ファイナルラウンド

期 日

令和2年3月25日(水)〜29日(日)

会 場

川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)

参加資格

2019年度公益財団法人日本バレーボール協会登録規定により、有効に登録されたチーム及び選手で構成された中学生以上のチーム。

競技日程

1回戦 令和2年3月25日(水) 第1試合 10:00
第2試合 12:00
第3試合 14:00
第4試合 16:00
2回戦 令和2年3月26日(木)
準々決勝 令和2年3月27日(金)
準決勝 令和2年3月28日(土) 男子:準決勝① 15:00、準決勝② 17:00
女子:準決勝① 11:00、準決勝② 13:00
決勝 令和2年3月29日(日) 男子 16:00
女子 11:00

競技規則

2019年度公益財団法人日本バレーボール協会6人制競技規則による。
使用球:5号球 ネットの高さ:2.43m(男子)、2.24m(女子)

競技方法

全試合5セットマッチのトーナメント戦とする。ただし、3位決定戦は行わない。

出場チーム

ブロックラウンドを勝ち抜いた男女各16チームとV・プレミアリーグ男女各8チーム(合計48チーム)

男子女子
パナソニックパンサーズ(V1)久光製薬スプリングス(V1:前回大会優勝)
ウルフドッグス名古屋(V1)JTマーヴェラス(V1)
JTサンダーズ(V1:前回大会優勝)トヨタ車体クインシーズ(V1)
東レアローズ(V1)デンソーエアリービーズ(V1)
ジェイテクトSTINGS(V1)NECレッドロケッツ(V1)
サントリーサンバーズ(V1)東レアローズ(V1)
堺ブレイザーズ(V1)埼玉上尾メディックス(V1)
FC東京(V1)日立リヴァーレ(V1)
ヴォレアス北海道(北海道・V2)札幌山の手高等学校(北海道)
岡崎建設owls(東北)東北福祉大学(東北)
早稲田大学(関東)青山学院大学(関東)
東海大学(関東)順天堂大学(関東)
明治大学(関東)筑波大学(関東)
富士通カワサキレッドスピリッツ(関東・V2)PFUブルーキャッツ(北信越・V1)
VC長野トライデンツ(北信越・V1)KUROBEアクアフェアリーズ(北信越・V1)
愛知学院大学(東海)中京大学(東海)
トヨタ自動車サンホークス(東海・V2)ブレス浜松(東海・V2)
同志社大学(近畿)ヴィクトリーナ姫路(近畿・V1)
大阪産業大学(近畿)関西大学(近畿)
近畿大学(近畿)岡山シーガルズ(中国・V1)
東亜大学(中国)CLUB EHIME(四国)
愛媛クラブ(四国)鹿屋体育大学(九州)
大分三好ヴァイセアドラー(九州・V1)福岡大学(九州)
鎮西高等学校(九州)東九州龍谷高等学校(九州)

チケット情報・グッズ販売

チケットの券種・価格など、その他詳細については大会サイトチケットページをご確認ください。

【チケット販売スケジュール】
・バレともチケット先行抽選販売開始日時
 12月20日(金)10:00~1月6日(月)23:59 ※抽選結果は1月8日(水)15時頃発表

・ローソンチケット先行販売(先着方式)期間
 1月8日(水)18:00~19日(日)23:59

・チケットぴあ、e+(イープラス)先行販売(先着方式)期間
 1月20日(月)10:00~24日(金)23:59

・一般発売
 1月25日(土)10:00~

組合せ

男子

女子

2018年天皇・皇后杯試合結果

まとめ

今回の見どころは男子は高校のチームとして唯一出場します熊本鎮西高校が大学や社会人のチームを相手にどこまで踏ん張れるかでしょう!開催される3月は3年生は卒業式が終わってますが、この大会までは出場すると聞いています。本当に高校最後の大会となります。

一方女子の高校のチームも男子と同じ九州から東九州龍谷高校と北海道ブロックから札幌山の手高校が出場します。昨年は男女共に4チームが出場しましたが、今年は男女ともに少なくて寂しいです。

男女とも九州ブロックから勝ち上がった2チームを是非応援してもらいたいと思います。

とにかく、高校生は胸を借りるつもりで精一杯のプレーで頑張って下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事