こんにちは( ^_^)/~~~

2016年天皇・皇后杯も残すところ男女決勝のみとなりました。今年の頂点に立つチームはどのチームになるのでしょうか?みんなで注目しましょう!

ちなみに、これまでのファイナルラウンドの試合はネットでも動画配信されているそうですので興味のある方はどうぞ!

「DAZN」によるハイライト動画を公開 平成28年度 天皇杯・皇后杯 全日本選手権大会 ファイナルラウンド

スポンサーリンク

日 程

【第1週】

12月16日(金) 1回戦
男女第1試合 11:00~(10:00開場予定)

12月17日(土) 2回戦
※V・プレミアリーグチームが登場
男女第1試合11:00~(10:00開場予定)

12月18日(日) 準々決勝
男女第1試合11:00~(10:00開場予定)

【第2週】

12月24日(土) 準決勝
男子第1試合 11:00~(10:00開場予定)
女子第1試合 15:00~

12月25日(日) 決勝戦
男子決勝戦 12:00~(11:00開場予定)
女子決勝戦 17:00~
※決勝戦のみ、男女で完全入替制となります。

会 場

第1週 東京体育館(東京都) Aコート・Bコート・Cコート・Dコート
第2週 大田区総合体育館(東京都) 特設コート

天皇杯(男子)組合せ

男子決勝試合結果

豊田合成トレフェルサ(愛知) vs 東レアローズ(静岡)

第1セット 22-25
第2セット 20-25
第3セット 25-21
第4セット 26-24
第5セット 20-22

2連覇がかかる豊田合成トレフェルサと、3年ぶりの優勝を目指す東レアローズの決勝戦。
第1セット、豊田合成はイゴールのサービスエースから連続得点を上げるも、東レ、富松のサービスエースからの連続得点でじりじりと点差が開く。東レはジョルジェフの連続得点と途中出場の佐野の値千金のスパイクでセットを先取する。
第2セット、東レのベテランの活躍が光る。堅実なサーブレシーブや軟攻織り交ぜたスパイクで得点する米山、相手の壁となり簡単にはスパイクを通さず、決定力の高いクイックで得点する富松。2人が中心となりチームに勢いがつく。対する豊田合成は傳田、山田の若い2人が気を吐くものの、流れを変えるまでには至らず東レ鈴木のスパイクでセットを連取する。
第3セット、豊田合成はローテーションを回して背水の陣で挑む。イゴールのスパイクはブロックの間やコースを打ち分け、東レのコートを襲い得点を量産する。また、東レのリベロ井出はボールを繋ごうとコートの外まで追いかけ、身を呈してチームを鼓舞する。それにジョルジェフ、鈴木が応え、4連続得点をあげ追撃するも、豊田合成は傳田のブロックで逃げ切った。
第4セット、豊田合成傳田が相手のエースをブロックすれば、東レも負けじと相手エースを米山、富松がブロックし、東レが先行する。豊田合成は高松が爆発。3連続でスパイクを決め、近のブロックも続き逆転する。東レは李のブロックなどでデュースに持ち込むが、最後も高松が2連続でブロックを決め、勝負を振り出しに戻す。
第5セット、豊田合成がリードする中、東レは富松のブロック、サービスエースで猛追するもあと1点が届かない。13ー14の豊田合成リードの追い込まれた状態で起死回生の一撃を放ったのは東レ米山だった。またも土壇場でデュースとなる。チームも会場も盛り上がる中、豊田合成が勝利を手中に収めたかのように見えたが、チャレンジシステムにより判定が覆りデュースが続く。東レ・イゴールと豊田合成・ジョルジェフの壮絶な打ち合いとなるが、最後はジョルジェフのスパイクがブロックを弾き、後世に語り継がれる決勝戦は東レの勝利で幕を閉じた。

皇后杯(女子)組合せ

女子決勝試合結果

久光製薬スプリングス(佐賀) 3-0 日立リヴァーレ(茨城)

第1セット 25-16
第2セット 25-18
第3セット 25-17

 皇后杯の頂点を決める決勝戦、久光製薬スプリングス対日立リヴァーレの戦い。
第1セット、序盤リードを奪ったのは久光製薬であった。久光製薬の司令塔・中大路は石井、新鍋を駆使し、日立に立ち向かった。しかし、日立の佐藤(美)も渡邊、内瀬戸を巧みなトスワークで操り、久光製薬に挑んだ。しかし久光製薬が主導権を握り、リードを広げこのセットを手に入れた。特に久光製薬のブロックが日立の攻撃を苦しめた。
第2セット、徐々にリズムを掴んだ日立が序盤リードを奪ったが、久光製薬・水田のブロックが3本決まり、中盤逆転する。その後も勢いに乗る久光製薬は、長岡、トカルスカの鋭いアタックが決まり、このセットも手に入れた。
第3セット、流れを掴んだ久光製薬は、このセットもリズムに乗り得点を重ねた。日立もセッターを佐藤(美)から下平に代え流れを変えようとしたが、攻守にわたりバランスの取れた久光製薬は終盤にもリードを広げ、皇后杯5連覇を成し遂げた。

最終順位

男子

1位 東レアローズ
2位 豊田合成トレフェルサ
3位 サントリーサンバーズ
3位 ジェイテクトSTINGS

女子

1位 久光製薬スプリングス
2位 日立リヴァーレ
3位 東レアローズ
3位 NECレッドロケッツ

まとめ

男子優勝は、東レアローズでした。昨年優勝の豊田合成トレフェルサをフルセットの激戦の末破り見事優勝です。しかし、こんな試合は最近記憶に無いくらいの素晴らしい戦いです。最終5セット目は何と20-22という正に激戦でした。両チームともお疲れ様でした。東レアローズのみなさん日本一おめでとうございます。

女子は、久光が5連覇達成!久光強いですね!5連覇すごい!しかも決勝はストレートでの勝利!この5連覇は今後歴代に残る記録だと思います。

 

[amazonjs asin="B009A81YB2" locale="JP" title="東京バレーボールアカデミー監修 驚異のバレーボール上達法DVD2枚組"]
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事