【九州ブロック】2017(平成29年度) 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権 ブロックラウンド 試合結果

こんにちは((+_+))

九州ブロックで『平成29年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会』が始まります。

社会人から高校生までのチームが入り乱れての戦いは1年を通じてこの大会だけです。バレーボールファンならこのチャンスを逃す手はありません。近くで開催される皆さんは是非会場まで足を運んでみてください。

大会要項や組合せ・県大会結果は下記記事を参照下さい。

【出場チーム紹介・組合せ】平成29年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 九州ラウンド

男子試合結果

Aグループ

準々決勝

大分三好ヴァイセアドラー(大分)2-0 九州産業高校(福岡)
1セット 30-28
2セット 25-21

長崎国際大学(長崎)1-2 樟南高校(鹿児島)
1セット 20-25
2セット 25-21
3セット   23-25

都城工業高校(宮崎)2-0 九州産業大学(福岡)
1セット 25-22
2セット 25-19

ファーストライジング(沖縄)0-2 東福岡高校(福岡)
1セット 16-25
2セット 17-25

準決勝

大分三好ヴァイセアドラー(大分)2-0 樟南高校(鹿児島)
1セット 25−18
2セット 25−18

都城工業高校(宮崎)1−2 東福岡高校(福岡)
1セット 25−17
2セット 18−25
3セット 16−25

代表決定戦

大分三好ヴァイセアドラー(大分)2-0 東福岡高校(福岡)
1セット 25−16
2セット 25−16

Bグループ

準々決勝

大村工業高校(長崎)2-0 熊本学園大学(熊本)
1セット 25-20
2セット 25-12

いわさきBlue Wave(鹿児島)2-1 筑紫台高校(福岡)
1セット 22-25
2セット 25-17
3セット   25-16

別府鶴見丘高校(大分)0-2 福岡大学(福岡)
1セット 19-25
2セット 16-25

塩田クラブ(佐賀)0-2 鎮西高校(熊本)
1セット 15-25
2セット 21-25

準決勝

大村工業高校(長崎)2-0 いわさきBlue Wave(鹿児島)
1セット 25−15
2セット 25−20

福岡大学(福岡)0-2 鎮西高校(熊本)
1セット 21−25
2セット 20−25

代表決定戦

大村工業高校(長崎)0-2 鎮西高校(熊本)
1セット 20−25
2セット 22−25

男子ファイナル出場チーム

  • 大分三好ヴァイセアドラー(大分)
  • 鎮西高校(熊本)

女子試合結果

Aグループ

準々決勝

八女学院高校(福岡)2-0 創成館高校(長崎)
1セット 25-20
2セット 25-11

準決勝

鹿屋体育大学(鹿児島)2-0 八女学院高校(福岡)
1セット 25-17
2セット   25-20

聖和女子学院高校(長崎)2-0 中九州短期大学(熊本)
1セット 25-17
2セット    25-19

代表決定戦

鹿屋体育大学(鹿児島)1−2 聖和女子学院高校(長崎)
1セット 29−31
2セット   25−23
3セット 19−25

Bグループ

準々決勝

鳥栖商業高校(佐賀)0-2 鎮西高校(熊本)
1セット 17ー25
2セット 17ー25

準決勝

福岡大学(福岡)1-2 鎮西高校(熊本)
1セット 19-25
2セット   25-17
3セット   22-25

鹿児島女子高校(鹿児島)2-1 長崎国際大学(長崎
1セット 19-25
2セット   25-20
3セット   25-19

代表決定戦

鎮西高校(熊本)1-2 鹿児島女子高校(鹿児島)
1セット 25−14
2セット   18−25
3セット   25−27

Cグループ

準々決勝

北九州ブルースプリングス(福岡)0-2 臼杵高校(大分)
1セット 22-25
2セット 21-25

準決勝

九州文化学園高校(長崎)2-0   臼杵高校(大分)
1セット 25-11
2セット   25-7

都城商業高校(宮崎)2-1 名桜大学大学(沖縄)
1セット 23-25
2セット   25-15
3セット   25-14

代表決定戦

九州文化学園高校(長崎)2-0   都城商業高校(宮崎)
1セット 25-15
2セット   25-10

女子ファイナル出場チーム

  • 聖和女子学院高校(長崎)
  • 鹿児島女子高校(鹿児島)
  • 九州文化学園高校(長崎)

まとめ

1日目の試合が終了しました。本日で女子は3チームの代表が決定しましたが、大波乱が多数おきました。結果から言うと代表3チーム全てが高校のチームという前代未聞も結果です。

鹿屋体育大学は、長崎の聖和女子にフルセットで破れ、西日本インカレチャンピオンの福岡大学は鎮西高校にフルセットで破れました。この結果を誰が予想したでしょうか?皇后杯で九州代表に大学のチームが居ないのです!本当に信じられない一日となりました。

男子の試合も全て終了し、2チームが決まりました。大分三好はいつも通りですが、嬉しいことに鎮西高校がファイナル進出を決めました。恐らく初めてではないでしょうか?本当におめでとうございます。

それにしても、男子も女子も大学のチームが1チームも代表に入っていないのは、大学バレーを応援している一人として非常に残念でなりません。もう少し頑張って欲しいですね!

他ブロックの情報は、下記記事を参照下さい。

【要項・組合せ・結果】2017(平成29年度)天皇・皇后杯バレーボール競技 ブロックラウンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA