こんにちは( ^)o(^ )

第5回アジアカップも各チーム2試合終了し熱い戦いが繰り広げられています。A組注目の中国vs韓国は中国がストレートで勝つという結果でした。最近の中国は強いですね!A代表も力を付けてきていますがその下のU-23も押し上げてきています。あなどれないですね!

日程、組合せ等は過去記事参照ください。

スポンサーリンク

日本代表メンバー(U-23)

監督 安保 澄

1.ウィングスパイカー  山内 美咲  東海大学4年
2.リベロ        目加田 莉央 東海大学3年
3.ウィングスパイカー  今村 優香  久光製薬
5.ウィングスパイカー  井上 愛里沙 筑波大学3年
6.ウィングスパイカー  中屋 夏澄  日本体育大学4年
7.ミドルブロッカー   杉 郁香   東京女子体育大学3年
8.セッター       白井 美沙紀 東レアローズ
9.ミドルブロッカー   丸尾 遥香
  筑波大学2年
10.ウィングスパイカー  坂本 奈々香 デンソー
11.ミドルブロッカー   中山 恭佳  鹿屋体育大学2年
13.リベロ        花井 萌里  日本体育大学1年
14.ミドルブロッカー     野嶋 華澄  青山学院大学1年
15.ウィングスパイカー    長内 美和子 日立リヴァーレ
18.セッター         松井 珠己  日本女子体育大学1年 

試合結果(予選)

予選1試合目 vsカザフスタン戦

2016-09-15-1-top2

9月14日 日本×カザフスタン 予選リーグ戦
チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本
1勝
3 25 25 17 25 -
カザフスタン
1敗
1 20 21 25 23 -

スタメン

  1. フロントレフト  山内 美咲  172cm
  2. フロントセンター 野嶋 華澄  180cm
  3. フロントライト  井上 愛里沙 180cm
  4. バックライト   白井 美沙紀 175cm
  5. バックセンター  杉 郁香   177cm
  6. バックレフト   坂本 奈々香 176cm
  7. リベロ      花井 萌里  167cm

戦評

第1セット
試合開始直後はやはり硬さが残り先制されますが、心配を払拭するかように、キャプテン・山内美咲のライトに回り込んでのアタックや坂本奈々香のレフトからの攻撃が決まって8-4。その後も攻撃の手を緩めずに杉郁香の連続サービスエースなどで得点し20-10と大きくリードを広げた。終盤、カザフスタンの好サーブにレセプション(サーブレシーブ)を乱されると、ミスも重なり23-20まで一気に追い上げられたものの、井上愛里沙のアタックなどでカザフスタンを突き放し、25-20と第1セットを先取した。

第2セット
相手の流れのままの立ち上がりとなった。レセプションを乱され攻撃を組み立てることのできない日本は、坂本らの得点で食い下がるも9-11とカザフスタンに先行された。ここでセッターを白井美沙紀から松井珠己に代えて攻撃の立て直しを図った。少しずつ杉、野嶋華澄の両ミドルブロッカー陣にもボールが回り始めると、2回目のテクニカルタイムアウトを14-16とカザフスタンに取られたものの、井上の強弱を交えたアタックに、カザフスタンのミスも手伝って順調に得点を重ねた日本が25-21と2セット連取に成功した。

第3セット
このセットで日本代表のチーム力の弱さが出ました。野嶋のブロックや杉の移動攻撃で8-4と1回目のテクニカルタイムアウトを迎えた。その後も井上のアタックなどで11-8とリードを広げたが、ケアレスミスを発端にカザフスタンの高さある攻撃に連続失点を喫し、12-16と一気に逆転された。その後はサイドアウトの応酬で16-20と何とか踏ん張ったが、終盤にはブロックで2連続得点を許すなどカザフスタンの猛攻を受け、17-25で第3セットを失った。

第4セット
一度は相手の流れになるかと思いきや、井上のアタックなどで8-5と1回目のテクニカルタイムアウトは日本のリードで迎えた。その後、高い打点からの足の長いスパイクやブロックで対抗するカザフスタンに14-16と逆転を許したものの、終盤に坂本や井上のアタックなどで踏ん張り23-23と同点に追いつくと、最後は野嶋のサービスエースが決まり25-23。逆転の末に第4セットを奪った。

まとめ

第3セットは落としましたが、その他のセットは各人が自分の仕事をしっかりと行い3-1で勝ちました。しかし次戦の中国戦を考えると不安が残る試合となりました。各人は実力のあるメンバーが揃ってますがチーム力が大切です。集まっての練習も満足にできない状況での国際大会ですので限界があるかと思いますが、このチーム力をあげる為にスタメン以外の人も重要になってきます。次は予選の天王山です。精一杯戦い次につなげてください。

次戦は日本時間15日(木)20:00より、中国と予選リーグ戦2試合目を戦います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事