【衝撃】ブログで報告。。。 木村沙織今季限りで引退!

こんにちは((+_+))

びっくりのニュースが今朝入ってきましたね! 『木村沙織引退』 ここ数年日本代表を引っ張ってきた苦労人です。また1時代が終わろうとしています。木村選手はバレー界ではアイドル的存在だっただけにショックを受けている人も多いのではないでしょうか?今季までで引退なので最後の雄姿を見ようと今季のVリーグは観戦する人が増えそうです。

スポンサーリンク

今季限りで引退。。。ブログでの報告

今年で50周年を迎えるVリーグ。
ここを自分のバレーボール人生
最後の場所にしたいと思っています。

24番から始まった
私のバレーボール人生は
最後、2番で締めくくります。

上記文言をフログで綴っています。何とも寂しげなセリフです。

これまで代表チームに居るのが当たり前の木村選手がコートから去る日が来るとは、分かっていても実際この様なセリフを見ると自然と涙が出てきます。

去年結婚して、リオ五輪を一つの区切りに考えていたのでしょう!今後の活躍を願ってこれまでの功績を綴りたいと思います。

木村沙織 基本情報

images-2images-1

生年月日 1986年8月19日(30歳)
出身地 埼玉県八潮市
身長 185cm
体重 68kg
血液型 O型
所属 東レ・アローズ
愛称 サオリ
ポジション WS
利き手
スパイク 304cm
ブロック 293cm

経歴

生まれは埼玉県八潮市。それから父親の仕事の都合で大阪、東京と転々とした後、東京都あきる野市の多西小に通う。バレーボールをしていた両親の影響を受け、小学校2年生の時に秋川JVCに入団し、バレーボールを始める。秋川JVCは守備練習中心のチームで、この頃レシーブ練習を数多くこなした事が、現在のレシーブ力に生かされていると本人は言っている。チームでは主にレフトを務め、小学校6年生時には東京新聞杯で優勝している。

中学校は、成徳学園中学校に進学。ここで大山加奈、荒木絵里香、大山未希など、以後チームメイトとなる選手達と出会う。中学校入学時には163cmとさほど高くはなかった身長は、中学3年間で約15cmも伸びた。以後ポジションはセンターとライトを務める事が多くなり、主力選手として全日本中学校バレーボール選手権大会優勝、全国都道府県対抗中学バレーボール大会(アクエリアスカップ)でJOC杯受賞

高校は、下北沢成徳高等学校に進学。2003年春高バレーで優勝を収め、成徳の2連覇に貢献した。同年8月開催のインターハイは3位に終わり連覇を逃したが、インターハイ閉幕と同時に全日本代表から強化合宿に招集され、同年9月のアジア選手権に出場。当初はセッター登録であった。

アテネ五輪では最終予選で全日本に召集され、初戦で大活躍!この頃から全国的にも有名になった。

高校卒業後は、東レに入部。初のリーグでは、開幕戦ライトでスタメン出場を果たす。この試合でのアタック決定率はチームトップの52.0%、サービスエースも2本決め、初白星に貢献。その後もレフト・ライトでスタメン出場を続け、リーグ前半のチーム快進撃の原動力となった。

2008年、 2007-08プレミアリーグにおいて東レのリーグ初優勝に貢献し、ベスト6賞を獲得した。同年8月、北京オリンピックに出場した。

2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された。準々決勝の対中国戦では江畑幸子と共にチーム最多の33得点を叩き出す活躍で、これまでの五輪で1セットも取る事が出来なかった相手にフルセットの激戦の末勝利を収めた。3位決定戦で韓国をストレートで破り、日本女子バレーボール代表28年ぶりの銅メダル獲得の立役者となった。中心選手として全試合にフル出場し、北京オリンピックに引き続き日本人ベストスコアラーとなった。

ロンドンオリンピック終了後の2012年 - 2013年シーズンよりトルコリーグのワクフバンク・テュルクテレコムへ移籍することが発表された

眞鍋政義全日本女子監督に指名され、2013年度の全日本キャプテンに就任(バレー人生初のキャプテン)。2012/13シーズン限りで現役引退を決めていたが、眞鍋から熱心に勧誘され翻意したことを公表した。そして、「元キャプテン竹下佳江のキャプテンシーを受け継ぎたい」という気持ちから、竹下が付けていた背番号「3」を希望したという。

2014年6月5日、東レ・アローズへの復帰が決定した。

リオデジャネイロ五輪世界最終予選。6日目に日本は五輪切符を獲得。自身も出場内定し、女子インドアバレー史上日本初の、五輪4大会連続出場となる。

所属チーム歴

  • 多西小(秋川JVC)
  • 成徳学園中
  • 下北沢成徳高等学校
  • 東レ・アローズ
  • ワクフバンク・テュルクテレコム
  • ガラタサライ・ダイキン
  • 東レ・アローズ

プライベートな話

皆さんご存知の通り、木村選手は2015年9月に同じバレーボール選手だった日高裕次郎さんと結婚しました。この頃から ”引退” の二文字がメディアでも出るようになって皆さんも意識するようになりましたよね?

ここで、木村選手の旦那様の日高裕次郎選手も少し紹介したいと思います。

imgres-1 imgres

生年月日 1986年11月21日(29歳)
出身地 鹿児島県霧島市
身長 191cm
体重 84kg
ポジション MB
指高 239cm
利き手
スパイク 348cm
  • 鹿児島商業高等学校
  • 日本体育大学
  • NECブルーロケッツ
  • パナソニック・パンサーズ

とてもお似合いの2人です。末長くお幸せに!早く子供が見たいですね!どの位大きくなるのか楽しみです(笑)

imgres-2

まとめ

今回の引退報道は、木村沙織選手がこれから更に幸せになるためのスタートだという事が分かりましたよね!第2の人生のスタートです。引退してもこれまで彼女が残してきた数々の功績は決して消える事はありません。もっとプレーを見たかったのは私も同じですが、頑張って!と声を掛けたいと思いました。

去年の夏頃にお二人が鹿児島の日高選手の実家に来られた時に私の知り合いが偶然見かけたらしいのですが、やはりこの二人が歩いていると目立ってしょうがなかったらしいです(笑)

きっと残った次世代のメンバーが強い日本を創ってくれると信じています。

記事更新通知を受け取る!

登録はもちろん無料です。また、どなたが登録しているかも記録されませんのでご安心してご登録下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事