こんにちは(・∀・)

2018年度の天皇杯ファイナルラウンドが開催されます。

男子もやはり有力はVプレミア勢ですが、そこに混ざって大学チームや高校のチームがどこまで頑張れるかが観戦のポイントとなる気がします。

各ブロックラウンドの試合情報は下記を参照下さい。

大会要項・組合せは下記記事を参照下さい。

女子試合結果は下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

大会要項

大会日程

平成30年度天皇杯・皇后杯ファイナルラウンド

平成30年12月14日(金)〜16日(日)
平成30年12月22日(土)、23日(日)

会 場

12月14日(金)〜16日(日)

武蔵野の森総合スポーツプラザ

12月22日(土)、23日(日)

大田区総合体育館

組合せ

試合結果

1回戦(12/14)

トーナメント1段目

Aコート 1試合目
筑波大学
(茨城)
3 25-19
25-16
26-24
0 大同特殊鋼レッドスター
(愛知・V2)
Bコート 1試合目
大塚高等学校
(大阪)
3 25-23
25-20
23-25
23-25
15-9
2 仙台大学
(宮城)

トーナメント2段目

Aコート 2試合目
洛南高等学校
(京都)
2 25-19
25-21
23-25
26-28
10-15
3 福山平成大学
(広島)
Bコート 2試合目
大分三好ヴァイセアドラー
(大分・V1)
0 19-25
20-25
21-25
3 中央大学
(東京)

トーナメント3段目

Aコート 3試合目
順天堂大学
(千葉)
1 25-22
14-25
20-25
19-25
3 ヴォレアス北海道
(北海道・V3)
Bコート 3試合目
愛知学院大学
(愛知)
3 25-18
25-20
25-17
0 高知高等学校
(高知)

トーナメント4段目

Aコート 4試合目
VC長野トライデンツ
(長野・V1)
0 17-25
24-26
17-25
3 早稲田大学
(東京)
Bコート 4試合目
天理大学
(奈良)
2 25-20
31-29
18-25
21-25
8-15
3 東福岡高等学校
(福岡)

2回戦(12/15)

トーナメント1段目

Aコート 1試合目
パナソニックパンサーズ
(大阪・V1)
3 25-19
24-26
25-18
20-25
15-12
2 筑波大学
(茨城)
Bコート 1試合目
大塚高等学校
(大阪)
0 18-25
21-25
11-25
3 FC東京
(東京・V1)

トーナメント2段目

Aコート 2試合目
ジェイテクトSTINGS
(愛知・V1)
3 25-20
25-21
25-20
0 福山平成大学
(広島)
Bコート 2試合目
中央大学
(東京)
1 23-25
25-23
19-25
22-25
3 東レアローズ
(静岡・V1)

トーナメント3段目

Aコート 3試合目
JTサンダーズ
(広島・V1)
3 25-17
25-20
25-22
0 ヴォレアス北海道
(北海道・V3)
Bコート 3試合目
愛知学院大学
(愛知)
0 18-25
18-25
17-25
3 サントリーサンバーズ
(大阪・V1)

トーナメント4段目

Aコート 4試合目
堺ブレイザーズ
(大阪・V1)
3 25-21
25-20
25-15
0 早稲田大学
(東京)
Bコート 4試合目
東福岡高等学校
(福岡)
0 18-25
21-25
11-25
3 豊田合成トレフェルサ
(愛知・V1)

準々決勝(12/16)

Bコート 1試合目
パナソニックパンサーズ
(大阪・V1)
3 25-13
25-17
25-18
0 FC東京
(東京・V1)
Bコート 2試合目
ジェイテクトSTINGS
(愛知・V1)
0 24-26
20-25
16-25
3 東レアローズ
(静岡・V1)
Bコート 3試合目
JTサンダーズ
(広島・V1)
3 25-18
25-22
25-23
0 サントリーサンバーズ
(大阪・V1)
Bコート 4試合目
堺ブレイザーズ
(大阪・V1)
0 21-25
18-25
22-25
3 豊田合成トレフェルサ
(愛知・V1)

準決勝(12/22)

特設コート 1試合目
パナソニックパンサーズ
(大阪・V1)
2 25-22
31-29
21-25
20-25
9-15
3 東レアローズ
(静岡・V1)
特設コート 2試合目
JTサンダーズ
(広島・V1)
3 25-18
29-27
25-16
0 豊田合成トレフェルサ
(愛知・V1)

決勝戦(12/23)

特設コート 1試合目
東レアローズ
(静岡・V1)
0 24-26
22-25
23-25
3 JTサンダーズ
(広島・V1)

最終順位

優 勝 JTサンダーズ(広島・V1)
準優勝 東レアローズ(静岡・V1)
3 位 豊田合成トレフェルサ(愛知・V1)
3 位 パナソニックパンサーズ(大阪・V1)

まとめ

2018年度天皇杯ファイナルラウンドが終了しました。

今年度優勝したのは、JTサンダーズでした。関係者の皆さん本当におめでとうございます。

今回もV1のチームが順当に勝ち上がり、優勝したJTサンダースは全試合1セットも落とさない完全優勝を飾りました。今後のVリーグに弾みをつける戦いでしたね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事