こんにちは(*´ω`*)

東北ブロックで『2018 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会』が始まります。

今年のファイナル進出するチームが決まります。高校・大学はそのチームが勝ちあがるのか非常に楽しみです。是非近くの方は足を運んで観戦してみては如何でしょうか?

他ブロックの試合情報は下記を参照下さい。

大会要項は下記記事を参照下さい。

男子試合結果は下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

試合結果

1回戦

トーナメント1

Cコート 1試合目
福島大学
(福島)
1 22-25
25-21
22-25
2 青森西高等学校
(青森)

トーナメント2

Cコート 2試合目
東北公益文科大学
(山形)
2 25-21
25-17
0 NEO AKITA
(秋田)

トーナメント3

Dコート 1試合目
ZERO
(岩手)
0 13-25
11-25
2 古川学園高等学校
(宮城)

トーナメント4

Dコート 2試合目
由利高等学校
(秋田)
0 15-25
24-26
2 仙台大学
(宮城)

準々決勝

Cコート 3試合目
東北福祉大学
(宮城)
2 25-14
25-9
0 青森西高等学校
(青森)
Cコート 4試合目
東北公益文科大学
(山形)
2 25-8
25-12
0 尚絅学院大学クラブ
(宮城)
Dコート 3試合目
尚絅学院大学
(宮城)
0 15-25
16-25
2 古川学園高等学校
(宮城)
Dコート 4試合目
仙台大学
(宮城)
0 14-25
21-25
2 プレステージ・インターナショナルアランマーレ
(山形)

準決勝

Cコート 1試合目
東北福祉大学
(宮城)
2 25-15
25-20
0 東北公益文科大学
(山形)
Cコート 2試合目
古川学園高等学校
(宮城)
2 25-23
25-23
0 プレステージ・インターナショナルアランマーレ
(山形)

決 勝

Cコート 3試合目
東北福祉大学
(宮城)
1 25-20
15-25
22-25
2 古川学園高等学校
(宮城)

最終順位

優 勝 古川学園高等学校(宮城)
準優勝 東北福祉大学(宮城)
3 位 プレステージ・インターナショナルアランマーレ(山形)
3 位 東北公益文科大学(山形)

まとめ

2018天皇・皇后杯中国ブロックラウンドが終了しました。

優勝し見事に代表権を獲得したのは、宮城県代表の古川学園高校でした。おめでとうございます。決勝戦では東北福祉大学とフルセットの激闘を制した古川学園!この大会でレベルアップし春高に繋げてもらいたいですね!

ファイナルラウンドではVプレミアのチーム相手に暴れまわってきてほしいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事