平成28年度 天皇杯・皇后杯(バレーボール) ファイナルラウンド出場チーム

こんにちは(#^.^#)

先週末で全国のバレーボール天皇杯・皇后杯出場チームが全て出揃いました。今年も何チームか高校のチームが出場しますので紹介しておきたいと思います。

スポンサーリンク

ファイナルラウンド試合情報

大会:平成28年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ファイナルラウンド

開催日:第1週 2016年12月16日(金)~18日(日)、第2週 2016年12月24日(土)~25日(日)

会場:第1週 東京体育館(東京都渋谷区)、第2週 大田区総合体育館(東京都大田区)

ファイナルラウンド出場チーム

北海道ブロック(男女各1チーム)

男子:北翔大学
女子:旭川大学

東北ブロック(男女各1チーム)

男子:岡崎建設Owls
女子:仙台ベルフィーユ

北信越ブロック(男子1チーム、女子2チーム)

男子:創造学園高等学校
女子:
A代表 KUROBEアクアフェアリーズ
B代表 金城大学

関東ブロック(男子4チーム、女子3チーム)

男子:
A代表 筑波大学
B代表 日本体育大学
C代表 中央大学
D代表 東海大学
女子:
A代表 筑波大学
B代表 東海大学
C代表 上尾メディックス

東海ブロック(男女各2チーム)

男子:
A代表 大同特殊鋼レッドスター
B代表 トヨタ自動車サンホークス
女子:
A代表 デンソーエアリービーズ
B代表 JAぎふリオレーナ

近畿ブロック(男子3チーム、女子2チーム)

男子:
A代表 開智高校
B代表 近畿大学
C代表 大塚高校
女子:
A代表 龍谷大学
B代表 大阪体育大学

中国ブロック(男女各1チーム)

男子:福山平成大学
女子:誠英高等学校

四国ブロック(男女各1チーム)

男子:愛媛大学
女子:CLUB EHIME

九州ブロック(男子2チーム、女子3チーム)

男子:
A代表 大村工業高等学校
B代表 大分三好ヴァイセアドラー
女子:
A代表 鹿屋体育大学
B代表 福岡大学
C代表 東九州龍谷高等学校

男子V・プレミアリーグ

豊田合成トレフェルサ
パナソニックパンサーズ
東レアローズ
ジェイテクトSTINGS
JTサンダーズ
堺ブレイザーズ
サントリーサンバーズ
FC東京

女子V・プレミアリーグ

久光製薬スプリングス
日立リヴァーレ
東レアローズ
NECレッドロケッツ
トヨタ車体クインシーズ
岡山シーガルズ
JTマーヴェラス
PFUブルーキャッツ

高校出場チーム(6チーム)

【男子】
創造学園高等学校(長野)
開智高等学校(和歌山)
大塚高等学校(大阪)
大村工業高等学校(長崎)

【女子】
誠英高等学校(山口)
東九州龍谷高等学校(大分)

まとめ

男子が4校、女子が2校、計6校がファイナルへの出場権を取りました。こうして見ると毎年同じブロックでの出場が多いですね!それはそうです。大学が強い県もあれば、社会人のチームが強い県もあり中々高校生が出れない所が殆どです。しかし上記チームは社会人のチームや大学生を破って出場を決めました。このファイナルに出場するという事は春高に向けて非常に良い経験になると思います。今年初めの春高で優勝した東福岡高校も去年の天皇杯で目覚ましく伸びたチームでした。出場する高校チームは経験だけではなく、自分の今後の成長の糧を見つけてきてください。そしてチームが健闘することを期待しています。

[amazonjs asin="B01GFN86ZG" locale="JP" title="自然体バレー塾 草野流 「セッター育成術」 ~基本動作からフォーメーションまで ~バレーボール 898-S 全2巻"]
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事