こんにちは(^O^)

今年も早いもので各県新人戦の準備が始まっております。
それもそうですよね!春高に出場しないチームは既に新チームに移行し来年に向け練習を加速している事だと思います。毎年新チームの実力を見る非常に重要な大会であるこの新人戦をウォッチしていきたいと思います。
鹿児島県も男女共に、戦力が分散してきておりどのチームにも優勝の可能性が高くなってきました。特に男子は今年川内商工が初優勝を繰り返し力を見せつけました。今年の戦力はどうなのでしょうか?

他県代表決定戦の情報は、下記記事を参照下さい。

スポンサーリンク

実施要項

大会名

第45回(平成29年度)鹿児島県高等学校新人バレーボール競技大会

開催期日

平成30年1月20日(土)~22日(月)

会 場

男子
鹿児島アリーナ
吉田文化体育センター
鹿児島工業高校体育館
鹿児島商業高校体育館

女子
鹿児島アリーナ
吉田文化体育センター
鹿児島南高校体育館
鹿児島女子高校体育館
樟南高校体育館

競技方法

(1) トーナメント戦とし,3 位決定戦は行わない。
(2) 全て 3 セットマッチとする。

参加資格

(1) 選手は,学校教育法第1条に規定する高等学校に在籍する生徒であること。
(2) 選手は,本連盟加盟校の生徒で,競技要項により参加の資格をえたもの。
(3) 年齢は,平成11 年 4 月 2 日以降に生まれた者とする。ただし,出場は同一競技2 回までとし,同一学年 での出場は 1 回限りとする。
(4) チーム編成において,全日制課程,定時制課程,通信制課程の生徒の混成を認めない。
(5) 複数校合同チームによる大会参加 ア 統廃合の対象となる学校については,当該校を含む合同チームによる大会参加を認める。 イ 少子化等に伴う部員不足による複数校合同チームの大会参加は,別途に定める「複数校合同チーム の大会参加規程」に従う。
(6) 転校後6ヶ月未満の生徒の参加は認めない(外国人留学生もこれに準ずる)。ただし一家転住等のやむを 得ない事由による場合は,高体連会長の認可があれば,この限りでない。
(7) 参加選手は,あらかじめ健康診断を受け,在学する学校の校長の承認を必要とする。
(8) その他の事項については,全国高等学校体育連盟規定,九州高等学校体育連盟規定の参加資格に準 ずる。
(9) 参加資格の特例
ア 上記(1)に定める生徒以外で,(2)~(6)の大会参加資格を満たし,かつ,県高体連が承認した生徒を, 「大会参加資格の別途に定める規定」に従い,大会参加を認める。
イ 上記(3)については,学年の区分を設けない課程に在籍する生徒の出場は,同一競技2回限りとする。
ウ 学年の区分を設けてある課程に在籍する生徒の出場は,2 学年までの年齢 18 歳未満の者に限る。 (同一学年の参加は同一競技,1 回限り)

競技規則

平成29年度公益財団法人日本バレーボール協会6人制競技規則による。

参加制限

(1) チームは,監督・コーチ・マネージャー各1 人,選手14 人以内とする。
(2) 外国人留学生の参加については,登録は 2 人までとし,内出場は 1 人とする。
(3) 引率責任者は当該校の教員とする。(エントリー外の場合は,ベンチには入れない。)
(4) 監督・コーチは校長が認める指導者とし,それが外部指導者の場合はスポーツ安全保険(傷害,賠償責 任保険等)に必ず加入することを条件とする。(外部指導者は,県高体連へ報告(登録)を済ませておくこ と)
(5) マネージャーは,当該校の生徒でなければならない。

使用球

ミカサ (MVA300)、 モルテン (V5M500)とする。

組合せ

男子

女子

まとめ

鹿児島県新人戦の要項です。

新チーム初めての県大会となる新人戦ですが、各県の今年の勢力図はどのようになるのでしょうか?いつもの県内有力校が今年も頂点を維持するのか?それとも、その牙城を崩すチームが現れるのか?いずれにしてもこの新人戦を見れば分かってくると思います。

私の注目している男子のチームは『川内商工』『樟南』『鹿児島城西』、女子は『鹿児島女子』『鹿屋中央』ですね!今年もこの注目校での優勝争いが楽しみですね!しかし、このチームの優勝を脅かすチームが新たに出現するかもしれませんよ!
一昔は鹿児島では、男子は鹿児島商業、女子は鹿児島女子が飛び抜けて強かったですが、現在は男子の構図が大きく変わって来ました。上記の私立に良い人材が流れどこが勝ってもおかしくない形になっていますので観戦する方たちは非常に面白いと思います。

鹿児島県のチームの皆さん頑張ってください。

試合結果は、下記記事を参照ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事