平成28年度 天皇杯・皇后杯(バレーボール) ファイナルラウンド2日目試合結果

こんにちは(( _ _ ))..zzzZZ

天皇・皇后杯も二日目になります。本日より1回戦を勝ち上がったチームとプレミアリーグのチームとの戦いが始まります。高校生と日本最高峰リーグのチームが戦うのはこの天皇・皇后杯の醍醐味ですね!

日 程

【第1週】

12月16日(金) 1回戦
男女第1試合 11:00~(10:00開場予定)

12月17日(土) 2回戦
※V・プレミアリーグチームが登場
男女第1試合11:00~(10:00開場予定)

12月18日(日) 準々決勝
男女第1試合11:00~(10:00開場予定)

【第2週】

12月24日(土) 準決勝
男子第1試合 11:00~(10:00開場予定)
女子第1試合 15:00~

12月25日(日) 決勝戦
男子決勝戦 12:00~(11:00開場予定)
女子決勝戦 17:00~
※決勝戦のみ、男女で完全入替制となります。

会 場

第1週 東京体育館(東京都) Aコート・Bコート・Cコート・Dコート
第2週 大田区総合体育館(東京都) 特設コート

天皇杯(男子)組合せ

男子試合結果

12月17日(土)

A1 豊田合成トレフェルサ(愛知) 3−0 福山平成大學(中国)
1セット目 25−13
2セット目 25−12
3セット目 25−12

B1 トヨタ自動車サンホークス(東海B) 0−3 FC東京(東京)
1セット目 20−25
2セット目 18−25
3セット目 19−25

A2 JTサンダース(広島) 3−0 近畿大学(近畿B)
1セット目 25−14
2セット目 26−24
3セット目 25−18

B2 中央大学(関東C) 1−3 ジェイテクトSTINGS(愛知)
1セット目 23−25
2セット目 15−25
3セット目 25−19
4セット目 17−25

A3 東レアローズ(静岡) 3−0 東海大学(関東D)
1セット目 25−19
2セット目 25−15
3セット目 25−23

B3 創造学園高等学校(北信越) 0−3 堺ブレイザーズ(大阪)
1セット目 18−25
2セット目 19−25
3セット目 21−25

A4 サントリーサンバーズ(大阪) 3−0 大塚高等学校(近畿C)
1セット目 25−12
2セット目 25−11
3セット目 25−22

B4 日本体育大学(関東B) 0−3 パナソニックパンサーズ(大阪)
1セット目 20−25
2セット目 22−25
3セット目 20−25

12月18日(月)準々決勝

B1 豊田合成トレフェルサ(愛知) vs FC東京(東京)FC東京(東京)

B2 JTサンダース(広島) vs ジェイテクトSTINGS(愛知)

B3 東レアローズ(静岡) vs 堺ブレイザーズ(大阪)

B4 サントリーサンバーズ(大阪) vs パナソニックパンサーズ(大阪)

皇后杯(女子)組合せ

女子試合結果

12月17日(土)

C1 久光製薬スプリングス(佐賀)3−2 上尾メディックス(関東C)
1セット目 25−19
2セット目 28−30
3セット目 25−13
4セット目 21−25
5セット目 17−15

D1 誠英高等学校(中国) 1−3 PFUブルーキャッツ(石川)
1セット目 16−25
2セット目 21−25
3セット目 25−20
4セット目 17−25

C2 トヨタ車体クインシーズ(愛知)3−0 東海大学(関東B)
1セット目 25−19
2セット目 25−16
3セット目 25−19

D2 KUROBEアクアフェアリーズ(北信越A) 0−3 NECレッドロケッツ(東京)
1セット目 11−25
2セット目 15−25
3セット目 16−25

C3 東レアローズ(滋賀)3−0 福岡大学(九州B)
1セット目 25−19
2セット目 25−14
3セット目 25−11

D3 筑波大学(関東A) 0−3 岡山シーガールズ(岡山)
1セット目 17−25
2セット目 13−25
3セット目 21−25

C4 JTマーヴェラス(大阪)3−0 大阪体育大学(近畿B)
1セット目 25−16
2セット目 25−23
3セット目 25−11

D4 デンソーエアリービーズ(東海A) 1−3 日立リヴァーレ(茨城)
1セット目 23−25
2セット目 19−25
3セット目 25−19
4セット目 25−27

12月18日(月)準々決勝

C1 久光製薬スプリングス(佐賀) vs PFUブルーキャッツ(石川)

C2 トヨタ車体クインシーズ(愛知) vs NECレッドロケッツ(東京)

C3 東レアローズ(滋賀) vs 岡山シーガールズ(岡山)

C4 JTマーヴェラス(大阪) vs 日立リヴァーレ(茨城)

まとめ

本日の試合はすべて終了致しました。結果から言うと男子も女子もすべてプレミアリーグのチームが勝ち上がりました。当たり前といえばそうですが(汗)男子の高校生、大学生のチームもとても良い経験ができたのではないでしょうか?この経験は高校生は春高に大いに活かせると思います。

一方女子の久光と上尾の試合は、国体の決勝戦と同じカードになり今回は久光が意地で勝ち上がりました。国体のリベンジが叶い相当嬉しかったのではないでしょうか?しかし試合内容は一進一退の素晴らしいものでした。点数を見ただけでも興奮します。また、高校生チームで唯一残っていた山口の誠英高校ですが、本日プレミアのPFUブルーキャッツ(石川)から1セット奪う快挙をやってのけました。しかし、この誠英は尻上がりに強くなっています。1月の春高では必ず上位に上がってくるチームです。非常に楽しみです。

明日はいよいよ準々決勝となります。わくわくが止まりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA