こんにちは( ^_^)/~~~

天草周辺のエギングポイント紹介も第3弾となり、いよいよ聖地天草のメイン釣り場!下島に入っていきます。何といってもエギングと言えば下島というくらい釣果に差が出ます(少し遠いですが´д` ;)今回の記事は間違いなく頭に入れておいてください。私も何回も足を運んだ場所ばかりです。

松島、龍ケ岳周辺の情報は下記を参照ください。

スポンサーリンク

下島北側周辺

鬼池港(五和町)

有望シーズン 5月、10月
好シーズン 4月、6月、7月、9月、11月
メインターゲット アオリイカ(コウイカ)
釣り方 堤防先端から外側狙い
アドバイス 堤防に外灯がないので日中メイン

ここは、釣り場付近まで車で行けますのでファミリーフィッシングにはもってこいの場所です。外側の堤防までは少し歩かなければなりませんが堤防外側での実績は多いです。しかし、堤防には外灯が無いため昼間での釣りに適しています。

引坂港(五和町)

有望シーズン 5月、9月、10月
好シーズン 4月、6月、7月、11月
メインターゲット アオリイカ、コウイカ
釣り方 外側堤防でも内側堤防でもOK、夜釣りは内側堤防の外灯周り
アドバイス 基本的には堤防が良いが、東側の藻場周辺も大型がいる。

私もよく行く引坂港ですが、ここは毎年大型のアオリイカが釣れる実績ある港です。基本的には外側堤防から外洋側または、東側の藻場がメインの狙い目になります。春は時には4号を使用します。秋イカであれば港内堤防先端から狙っても良い!

二江港(五和町)

有望シーズン 5月、9月、10月
好シーズン 4月、6月、7月、11月、12月
メインターゲット アオリイカ、コウイカ
釣り方 外側堤防から外洋側狙い。
アドバイス 外側堤防から外洋狙いだが、時化ている時は内側でもOK

二江港はイルカウォッチングで有名な港です。この港には外灯がありませんので基本的には日中メインが良いと思います。釣り場は外側堤防から外洋側で大物が釣れるので狙ってみるのも良いでしょう!秋は堤防内側がメインとなります。

通詞島(五和町)

有望シーズン 5月、9月、10月
好シーズン 4月、5月、6月、7月、12月
メインターゲット アオリイカ、コウイカ
釣り方 島の東側にある新波止場狙いがメイン
アドバイス 新波止場の外洋側は潮が早く難しいが大型が釣れる。内側でもOK

 

通詞島はエギンガーなら絶対に知っている釣り場です。それほど実績のある場所です。新波止場の外側での実績が高いですが、ここは潮の流れが早くとても釣りづらいです。私も最初の頃は全く釣れずに悩みました。でも釣り方がわかると面白いように上がります。エギを流しながら糸ふけで当たりをとります。私の実績から朝マズメによく釣れる場所です。この島に渡る橋の左右にも港があります。そこもポイントになりますが私のオススメは新波止場です。

西川内港(苓北町)藻場

有望シーズン 5月、10月、11月
好シーズン 4月、6月、7月、12月
メインターゲット アオリイカ、コウイカ
釣り方 両側の堤防外側狙い。ピンク系実績あり
アドバイス 藻場が多くそこが狙い目、外側堤防の先端も実績あり

この港は、藻場が多く春の産卵時期は大型のアオリイカが釣れる好ポイントです。両堤防の外側の藻場狙いになりますが、地元のヤエン釣りも多く場所取りが大変です。私もこの港では何回も良い思いをさせてもらってます。釣り場は釣りやすく初心者でも安心です。

富岡西港(苓北町)

有望シーズン 5月、10月、11月
好シーズン 4月、6月、7月、9月
メインターゲット アオリイカ、コウイカ
釣り方 内側堤防のコーナーから外側狙い
アドバイス 外側堤防はテトラが大きく危険、内側堤防での実績大

エギンガーの間では超有名ポイントです。4kg超えも釣れるというポイントですので場所取りが難しい場所です。外側の堤防も好ポイントですがテトラが大きく非常に危険ですので出来れば東側の堤防での釣りをお願いします。去年も外側で1名テトラに落ちて亡くなった方がおります。ここは東側の堤防からよく釣れます。

下田魚港(天草町)

有望シーズン 5月、10月、11月
好シーズン 4月、6月、7月、9月、12月
メインターゲット アオリイカ
釣り方 外側堤防から内側狙い、中堤防から外側狙い
アドバイス 川の河口になるので満潮前後が狙い目。中堤防は大潮の時沈むので注意

ここは、外洋に面しており外側堤防が大きくテトラも大きく外洋側は危険です。外側堤防の内側でよくヒットします。時には見えイカもいます。満潮前後の釣果が多いように思います。

高浜港(天草町)

有望シーズン 5月、6月、10月、11月
好シーズン 4月、7月、9月、12月
メインターゲット アオリイカ
釣り方 外側堤防から内側狙い
アドバイス 大型の実績が高い、堤防外側のテトラは大きくて危険

この港は、水深が浅いですが満潮時の釣りで大型が毎年上がっている実績ある港です。秋には港内で数釣りも楽しめます。車も停めやすくファミリーフィッシングには最適です。

まとめ

今回はいよいよ下島に入りました。上記の8か所はいずれも実績のある釣り場でエギングを続ける方は必ず知っておいてください。私は夜通し釣れなかった場合は朝マズメで必ず通詞島に行きます(笑)なぜか釣れるのです!このような自分に合った釣り場を持つことも大切ですよね?!

とにかく今回の8か所は下島でも有望ポイントばかりですので是非お試しください。

次は、牛深周辺を紹介するつもりです。お楽しみに!

皆さんが楽しいエギングができる様に祈っております。

下記は私が現在メインタックルで使用している物です。少々値が張りますが最終的にはこのクラスが欲しくなります。長くエギングを続けるのであれば必ず欲しくなります。この組合せであれば間違いないでしょう!

九州各県釣れるポイント情報は下記記事を参照ください。

記事更新通知を受け取る!

登録はもちろん無料です。また、どなたが登録しているかも記録されませんのでご安心してご登録下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事