第5回アジアカップ男子大会 台湾撃破3位、石川祐希躍動!

こんにちは(#^.^#)

前試合で見事な逆転勝ちを収めた、U-23日本代表でしたが3位決定戦でも引き続き素晴らしい試合で3-1で勝利!見事3位を勝ち取ってくれました。男子も強くなってますよ(笑)

前試合の詳細は下記参照ください。

日本代表メンバー(U-23) 14名

監督 酒井 新悟

背番号 名前 ポジション 在籍
1 久原 翼 WS 東海大学4年
2 酒井 啓輔 S 筑波大2年
3 山口 頌平 S 早稲田大4年
4 鈴木 祐貴 WS 東海大学1年
5 兒玉 康成 MB 筑波大4年
6 加藤 久典 MB 早稲田大4年
7 山本 智大 L 日本体育大4年
10 小池 勇輝 WS/L 筑波大3年
11 石川 祐希 WS 中央大3年
12 神谷 雄飛  MB 東海大学3年
15 小野寺 太志  MB 東海大学3年
16  大竹 壱青 WS/MB 中央大3年
17 樋口 裕希  WS/MB 筑波大2年
18  高梨 健太  WS 日本体育大2年

試合結果

セミファイナルラウンド vsチャイニーズタイペイ戦

2016-09-29-1-top

9月28日 日本×チャイニーズタイペイ 3位決定戦
チーム セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本 3 25 17 28 25 -
台湾 1 18 25 26 12 -

スタメン

  1. フロントレフト  小野寺 太志  201cm
  2. フロントセンター 石川 祐希   191cm
  3. フロントライト  山口 頌平   174cm
  4. バックライト   兒玉 康成   195cm
  5. バックセンター  高梨 健太   190cm
  6. バックレフト   大竹 壱青   202cm
  7. リベロ      山本 智大   171cm

戦 評

第1セット
日本は石川祐希のスパイク、小野寺太志のブロック、リベロ・山本智大の好レシーブをセッター・山口頌平が好判断でトスにすると、それを石川が決めて4-0と好スタートを切った。その後、チャイニーズタイペイの追い上げで6-6と並ばれたが、中盤には小野寺、石川の連続得点で13-10、高梨健太のスパイクで16-13とした。終盤、兒玉康成のスパイクで19-13とリードを広げると、途中出場の鈴木祐貴が石川のトスを決めて22-15とチャイニーズタイペイを引き離し、25-18で第1セットを先取した。

第2セット
立ち上がりはサイドアウトを取り合う展開となり、日本は小野寺のブロック、大竹壱青のスパイクで得点したものの、スパイクミスで4-6とチャイニーズタイペイにリードを許した。その後、大竹のサービスエースで6-6と同点にしたものの、スパイクを決められて8-11と再びリードを奪われた。終盤、相手のブロックに得点を阻まれ14-18。日本は山口のブロックで16-20と食い下がったが、スパイク、レシーブにミスが出ると17-25で第2セットを落とした。

第3セット
このセットはオポジット(セッター対角に位置する攻撃専門のポジション)に高梨、ウィングスパイカーに久原翼を起用。石川、小野寺の連続得点、チャイニーズタイペイのミスで3-0、さらに小野寺のスパイク、石川のサービスエースで6-2と優位に試合を進めた。その後、山口のブロック、相手のスパイクミスで10-6としたが、中盤に入ると相手のサーブに日本のサーブレシーブが崩され11-10、さらに日本のスパイクミス、相手のスパイクで12-14と逆転を許した。それでも終盤、高梨のサービスエースで18-19、石川のブロックで21-21と同点に追い付くと、小野寺のスパイクで24-24のデュースに持ち込んだ。互いにポイントを奪い合ったのち、石川のスパイクで27-26とセットポイントを掴むと、最後は相手のスパイクミスで28-26とし、第3セットを奪った。

第4セット
高梨、小野寺の連続得点で4-2とリードすると、小野寺のスパイクで再び得点し8-5。中盤、高梨のスパイクで10-6とリードを広げると、チャイニーズタイペイにブロックで10-8と追い上げられたが、高梨のスパイクとブロックで流れを掴み14-9とリードを広げた。その後も日本の勢いは止まらず、高梨のスパイクで16-10、さらに小野寺のブロック、石川の連続サービスエースで19-10と相手を引き離した。終盤、久原のスパイク、ブロックで23-12とすると、最後は高梨のサービスエースで25-12。チャイニーズタイペイを下し、3位で本大会を終えた。

最終順位

1位: イラン
2位: 中国
3位: 日本
4位: チャイニーズタイペイ
5位: カザフスタン
6位: オーストラリア
7位: タイ
8位: 韓国

男子大会 個人賞

2016-09-29-1-1

ベストウィングスパイカー賞: Liu Libin選手(中国)
ベストウィングスパイカー賞: ラフマン・ダブーディ選手(イラン)
ベストミドルブロッカー賞: Miao Ruantong選手(中国)
ベストミドルブロッカー賞: マソウド・ゴラミ・レナニ選手(イラン)
ベストリベロ賞: 董 力億(トウ,リキオク)選手(チャイニーズタイペイ)
ベストセッター賞: 山口頌平選手(日本)
ベストオポジット賞: Jiang Chuan選手(中国)

MVP: アリレザ・ベフブディ選手(イラン)

日本チームの名セッター山口選手がベストセッター賞を獲得しました。おめでとうございます。山口選手の身長が174cmですが。。。どんだけデカイねん(笑)

まとめ

まずは、アジアカップ3位おめでとうございます。予選ではどうなる事かとハラハラしっぱなしでしたが、後半になるに連れ調子を上げてきたU-23日本代表チーム!久しぶりに強い男子を見た気がしました。

本試合(3位決定戦)は、中国に敗れたチャイニーズタイペイとの対戦でしたが、1セット目を確実に取る事が出来た事と3セット目の接戦をものにできた事が勝因でしたね!今大会の後半戦は児玉選手や大竹選手、高梨選手がしっかりと仕事をしており、石川選手にマークが集まる中得点を重ねた事が大きいですね!その中でもやはりこの人!石川祐希選手!どのセットを見てもスパイクにサーブ、ブロックと躍動しています。この試合はトスも上げています(笑)

決勝は、イランが中国を3-1で破り優勝を飾りました。上位4チームの実力差は僅差ですね!今後の男子も目が離せないですし、期待できます!

やはり今後も、石川祐希から目が離せないです!

とにかく男子チーム!3位おめでとうございます!

記事更新通知を受け取る!

登録はもちろん無料です。また、どなたが登録しているかも記録されませんのでご安心してご登録下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事