こんにちは( ^)o(^ )

今年も早いですね『全国都道府県対抗中学対抗バレー大会』の要項が発表になっています。また組合せは11/23に行われるという事ですので発表されたらすぐにアップしたいと思います。

保護者のみなさんや関係者の皆さんは、早めに宿を押さえた方がよいですよ!体育館の近くはどんどん無くなっていきます。ホテルは、最悪3日前まではキャンセル料はかかりませんので!

スポンサーリンク

全国大会要項

開催期日

平成30年12月25日(火)~28日(金)

会 場

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
〒552-0005 大阪府大阪市港区田中3-1-40
■アクセス:Osaka Metoro 中央線「朝潮橋駅」より徒歩1分

エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

〒556-0011 大阪市浪速区難波中3-4-36
■アクセス:地下鉄各線なんば駅5番出口から350m

参加資格

(1) 各都道府県の中学校に在籍する生徒で、同一都道府県内で選抜されたチームであり、各都道府県バレーボール協会長から推薦されたチームであること。
(2) 公益財団法人日本バレーボール協会(中体連・ヤング連・U14等)に登録されている選手であること。
(3) 1・2年生でも全日本中学強化合宿に参加の選手は、原則としてチーム選手に含めること。
(4) 9月7日(金)《申込締切日》現在で満16歳以下の者であること。

競技規則

平成30年度公益財団法人日本バレーボール協会6人制競技規則に準ずる。但し、

(1) ネットの高さは、男子2.43m、女子2.24mとする。
(2) 長身選手を常時2名以上出場させること。
(3) リベロ制度は実施しない。
(4) グループ戦において登録選手を全員最低1回以上出場させること。
※ 競技者交代の特別ルールは採用しない。

競技方法

(1)グループ戦の各組の1・2位が決勝トーナメント戦に出場する。
(2)試合は3セットマッチとし、3位決定戦は行わない。
(3)25点ラリーポイント制とする。ただし、グループ戦及び男女決勝トーナメント戦1~3回戦の第3セットは15点制とする。

競技日程

第1日 12月25日(火)
15:30 代表者会議・17:00 開会式 (丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館))

第2日 12月26日(水)
10:00 女子グループ戦 (エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館))
10:00 男子グループ戦 (丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館))

第3日 12月27日(木)
10:00 女子決勝トーナメント戦1~3回戦 (エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館))
10:00 男子決勝トーナメント戦1~3回戦 (丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館))

第4日 12月28日(金)
丸善インテックアリーナ大阪 (大阪市中央体育館)

9:30 女子準決勝
11:00 男子準決勝
13:00 女子決勝
14:30 男子決勝
15:30  閉会式

チーム

(1) 都道府県代表男女各47チーム。開催地代表(大阪)男女1チーム。
男子48チーム、女子48チーム、合計96チーム。
(2) チームは、監督1、コーチ1、マネージャー1、選手12の計15名以内とする。
(3) チームの構成は、男子180㎝、女子170㎝、以上の長身選手を各々3名以上とする。
(4) 1校(1チーム)3名以内とする。
ただし、同一校で長身選手が4名の場合は除く。(4名とも長身選手のとき)
(5) 選手変更については所定の用紙にて各都道府県協会が確認し、提出すること。
変更可能期限は平成30年11月30日(金)とする。
(6) 監督、コーチ、マネージャーは当該都道府県バレーボール協会の指導担当者が当たることとし引率者としての責任を負う。(但し、この担当者は中学校教員であることが望ましい)
(7) 監督・コーチ、マネージャーのうち1名は、日本協会公認コーチ・上級コーチまたは日本スポーツ協会指導員・上級指導員の有資格者であること。(受講中は不可)

その他

(1) 開会式には各チーム全員ユニフォームで参加すること。
(2) 閉会式は、決勝戦終了後に行うので、2位までのチームはユニフォームで参加すること。
3位チームの表彰はコート表彰とする。
(3) 申込チーム名は、各都道府県名を使用すること。
(4) チームの本大会に要する開催地までの旅費は、大会本部(東武トップツアーズ)を利用した場合に限り次の要領によって主催者側が負担する。
チーム構成員のうち、監督1、コーチ1、選手12の計14名の旅費の半額(往路分)を主催者が負担する。
また、一人分の復路旅費で、20,000円を超えた分を補助する。(JR利用分)
(ただし、近畿ブロックのチームへの補助はなしとする)
(5) チームの宿泊費については、チーム負担とする。
大会本部(東武トップツアーズ)を通じた場合、チーム構成員に対し補助金をつけて斡旋する。
(6) チームの役員、選手は大会前に健康診断を受けること。大会期間中に選手が負傷した場合応急手当はするが、それ以外の責任を負わない。
(7) 本大会参加の役員、選手全員を対象として、主催者がスポーツ傷害保険に加入する。
(8) 輸送・宿泊については、大会実行委員会が定めた大会規定に従うこと。
(9) 個人情報の取り扱いについて、大会主催者は、個人情報保護に関する法令を遵守し、(公益財団法人)日本バレーボール協会個人情報保護方針に基づき、取得する個人情報について適正に取り扱う。また、取得した個人情報は、競技大会の資格審査・報道発表等、その他、競技運営上及び競技に必要な連絡に利用する。大会に参加する各選手はこれに同意する。

2018特別表彰

(1) JOC・JVAカップ(男・女 各1名)
(2) オリンピック有望選手(男・女 各数名)
(3) 大会優秀選手(男・女 各12名)
(4) ベストセッター選手(男・女 各1名)
(5) 大阪府知事賞(男・女 各1名)
特別表彰選手は、閉会式に参加することを原則とする。

組合せ

男子

女子

過去の軌跡

2017年大会までの歴代優勝・準優勝チーム

開催年度 男子女子
202006優 勝長崎県東京都
準優勝福岡県福岡県
212007優 勝福岡県長崎県
準優勝愛知県福岡県
222008優 勝東京都長野県
準優勝山口県岡山県
232009優 勝福岡県長崎県
準優勝埼玉県鹿児島県
242010優 勝東京都長崎県
準優勝愛知県福岡県
252011優 勝東京都長野県
準優勝群馬県貝塚ドリームス
262012優 勝福岡県大阪南
準優勝滋賀県東京都
272013優 勝東京都大阪北
準優勝長崎県長野県
282014優 勝長崎県福岡県
準優勝埼玉県 長崎県
292015優 勝滋賀県長野県
準優勝長崎県 長崎県
302016優 勝熊本県広島県
準優勝東京都埼玉県
312017優 勝福井県大阪北
準優勝岡山県熊本県
322018優 勝
準優勝

2017年大会までの歴代特別表彰選手

開催回年度 男子女子
202006JVA・JOCカップ 出来田 敬芥川 愛加
オリンピック有望選手伏見 大和野本 梨佳
ベストセッター賞前田 一誠栄 絵里香
ベストリベロ賞桐谷 祥平丸田 理穂
2120087JVA・JOCカップ山田 脩造堀川 真理
オリンピック有望選手山川 美咲
ベストセッター賞鈴鹿 黎光山 知里
ベストリベロ賞岡村 智人森 寿実子
222008JVA・JOCカップ藤中 謙也大竹 里歩
オリンピック有望選手今村 貴彦鍋谷 友理枝
帯川 きよら
ベストセッター賞関田 誠大内村 聖香
ベストリベロ賞村山 康介小口 樹葉
232009JVA・JOCカップ佐々木 博秋土井 さくら
オリンピック有望選手峯村 雄大
冨田 直人
井上 愛里沙
伊藤 望
ベストセッター賞山口 頌平李 しゅ
ベストリベロ賞池田 陽輝金田 紗椰
242010JVA・JOCカップ吉野 雅人竹内 あか里
オリンピック有望選手鈴木 祐貴
小野寺 太志
山崎 貴矢
小川 杏奈
ベストセッター賞古川 雄也田川 紘美
ベストリベロ賞黒崎 耕陽若杉 桃子
252011JVA・JOCカップ鈴木 祐貴古賀 紗理那
オリンピック有望選手永露 元稀
ベストセッター賞原 大樹中條 美月
ベストリベロ賞宮崎 敬根岸 真昼
262012JVA・JOCカップ金子 聖輝中田 紫乃
オリンピック有望選手鈴木 祐貴
濱中 晴貴
横田 真未
ベストセッター賞正来 祐黒田 茉央
ベストリベロ賞宮園 寛志溝口 真夕奈
272013JVA・JOCカップ梅本 鈴太郎宮部 藍梨
オリンピック有望選手都築 仁吉岡 美晴
ベストセッター賞吉田 祝太郎万代 真奈美
ベストリベロ賞山中 啓督善戝 舞
282014JVA・JOCカップ鍬田 憲伸山口 結可
オリンピック有望選手鍬田 憲伸
加藤 靖丈
入澤 まい
上坂 瑠子
中川 美柚
ベストセッター賞堀夏 央哉佐藤 優華
ベストリベロ賞伊藤 友健髙比良 理沙
292015JVA・JOCカップ大塚 達宣石川 真佑
オリンピック有望選手大塚 達宣
佐藤 駿一郎
石川 真佑
吉田 あゆみ
荒木 彩花
ベストセッター賞篠原 勇介倉田 朱里
ベストリベロ賞千葉 伊織水杉 玲奈
302016JVA・JOCカップ伊藤 吏玖荒木 彩花
オリンピック有望選手伊藤 吏玖
山下 優希
水町 泰杜
野中瑠衣
宮部 愛芽世
荒木 彩花
ベストセッター賞森居 史和安田 美南
312017JVA・JOCカップ柳北 愁李西川 吉野
オリンピック有望選手榎本 航己
柳北 愁李
樫村 まどか
古川 あおい アン
西川 吉野
ベストセッター賞田中 夏希加地 春花
322018JVA・JOCカップ
オリンピック有望選手
ベストセッター賞

まとめ

中学バレーボール選手の憧れでもある選抜選出ですが、今年もまたリベロ制度廃止が継続されているようですね!

私の個人的な意見ですが、バレーボールにはリベロというポジションがあって、そのポジションに携わる選手が多数います。こういう選手の希望をないがしろにするルールはどうなのか?

この大会の位置づけは、『長身者発掘』が目的だという事を言われると何とも言い難いですが、これに関しては大会主催者側と選手や高校関係者との考え方のギャップがあると思ってます。

選手は、これまでどのポジションであろうと中学バレーが終わった後に選抜チームに選考される事を目標として活動している選手が多く、実際に高校も選抜チームに選考されていなければ特待での入学は出来ないという所もあると聞いてます。こういった実情がある以上はリベロもこれまで通り認めてほしいと節に願います。

バレーボールにおいて ”リベロ” は勝敗を左右する非常に重要なポジションです。

それが出来ないのであれば、思い切ってこの大会は男子は180cm以上、女子は170cm以上の選手しか参加を認めない(チームが出来るのか?)とかすれば初めからあきらめがつく気がします。

私も毎年この大会を楽しみにしている一ファンであり、是非選手の皆さんが精一杯頑張れる環境を作って頂きたいと思います。

いずれにしても、今年もこの大会を応援して行きますが(笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事